国語言葉の意味

【慣用句】「遣らずの雨」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「遣らずの雨」を使いこなそう

この記事では「遣らずの雨」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「遣らずの雨」は「帰ろうとする人をひきとめるかのように降ってくる雨」を指す言葉。類義語、対義語は無く、英語では「the rain that started to fall as though trying to prevent A from leaving」(Aが去るのを防ごうとしているように降り始めた雨)と表現されることがわかりましたね。

雨は映像や音楽、その他幅広い分野で重要なモチーフとなっています。「雨」という単語から映画のワンシーンや曲名を直ぐに思い浮かべることができるでしょう。今年の梅雨は長そうです。さまざまなジャンルの「雨の名作」に触れてみませんか。

1 2 3
Share: