この記事では「沈黙は金、雄弁は銀」について解説する。

端的に言えば沈黙は金、雄弁は銀の意味は「沈黙は雄弁に勝る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「沈黙は金、雄弁は銀」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「沈黙は金、雄弁は銀」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「沈黙は金、雄弁は銀」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「沈黙は金、雄弁は銀」の意味は?

「沈黙は金、雄弁は銀」には、次のような意味があります。

黙るべきときを知ることは、よどみなく話すことよりも大切だということ。

出典:明鏡国語辞典第三版(大修館書店)「沈黙は金、雄弁は銀」

「沈黙は金、雄弁は銀」「雄弁は銀、沈黙は金」と表現されることもありますが、意味はまったく同じです。また「沈黙は金」とだけ表現されることもあります。この場合の「金」は「かね」と読まないようにしてください。「きん」ですから注意しましょう。

下手な弁解や言い訳をするくらいなら黙っていたほうがまだましだという意味合いで使われる言葉です。このことわざは、なにがなんでも常に黙っていることがいいと言っているわけではありません。時と場合によっては言うべきことはしっかりと言うべきです。

日本人は周りとの軋轢を恐れて、得てして言うべきことも黙って周囲に同調してしまう傾向がありますが、沈黙がすべていいことだということを言っているのではありません。正しいと思ったことははっきりとそう伝えましょう。

「沈黙は金、雄弁は銀」の語源は?

次に「沈黙は金、雄弁は銀」の語源を確認しておきましょう。このことわざは、19世紀イギリスの歴史家・評論家であるトーマス・カーライルの著書『衣装哲学』のなかに記述された言葉がもとになっています。彼がこの著書のなかでどのような流れのなかでこの言葉を使ったのか定かではありませんが、少なくとも彼自身が考えた言葉ではないようです。実際は、彼がスイスで見たドイツ語の碑文に書かれた言葉が由来だと言われています。

碑文に書かれた正しい表現は「説得力のある言葉を持つことは大事だが、黙るべき時を知るのはもっと大事である」です。これが変化して「沈黙は金、雄弁は銀」とトーマス・カーライルが表記したと言われています。

『衣装哲学』と聞くと衣装などのファッションについて書かれた本だと考えがちですが、その本質は宇宙の象徴、形式、制度を衣装に見立てて論じたもので、極めて難解な哲学書です。

\次のページで「「沈黙は金、雄弁は銀」の使い方・例文」を解説!/

「沈黙は金、雄弁は銀」の使い方・例文

「沈黙は金、雄弁は銀」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、例えば以下のように用いられます。

1.沈黙は金、雄弁は銀と言うけれど、彼の言っていることは完全に間違っているから黙っていないで反論したほうがいい。
2.彼の弁舌は流ちょうだが中身がない。あんなことなら沈黙は金、雄弁は銀で黙っていたほうがよっぽどいい。
3.女性のおしゃべりには閉口する。沈黙は金、雄弁は銀で恋愛対象にするなら物静かな女性がいい。

トーマス・カーライルより前に「雄弁は銀、沈黙は金」と語った人がいると言われています。それは古代ギリシアの政治家デモステネスです。彼は「諸君、大いに語り合いなさい。沈黙は金だが雄弁は銀だ」と演説しました。ただこの場合、沈黙は金の値打ちしかないが雄弁は金より価値がある銀の値打ちがある」という意味だったと解釈されています。つまり、現在使われている「沈黙は金、雄弁は銀」とはまったく逆の意味で使われていたのです。

デモステネスの活躍した時代は、金は砂金など自然のままで採ることができますが銀は精錬しなければつくることができませんでした。つまり当時はまだ銀のほうが価値が高かったと言うのです。しかしまた、やはり金のほうが銀より価値があったとする説も当時存在していました。ダビデが登場する『列王記』には「ソロ モン王の杯はすべて金、レバノンの森の家の器もすべて純金で出来ていた。銀製 のものはなかった。ソロモンの時代には、銀は値打ちのないものと見なされてい た」と記されており、この書では金のほうが価値があったとされています。

金でも銀でも私たちにはあまり縁がないかもしれませんが、時代が変わればその値打ちは変わるようです。それでも「沈黙は金、雄弁は銀」という言葉は現代でも生きています。

「沈黙は金、雄弁は銀」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ここでは「沈黙は金、雄弁は銀」の類義語を見ていきましょう。

その1「言わぬが花」

「沈黙は金、雄弁は銀」の類義語の一つに「言わぬが花」があります。物事をあまりに露骨に言ってしまっては角が立つし興ざめするから、口に出さずに黙っていたほうが奥ゆかしいし差し障りがないことを表現したことわざです。

例えば映画やミステリー小説の結末を、まだ読んだり観たりしていない人に喋ってしまってはいっぺんに興味を失ってしまいます。また人の服装のセンスにケチをつけたり、結婚して新婚生活を始めたばかりのカップルに「子供はまだか」などとうるさく訊くのも、人としての品性が疑われるでしょう。そのようなことのないよう戒める言葉です。

\次のページで「その2「言わぬは言うに優る」」を解説!/

その2「言わぬは言うに優る」

「言わぬは言うに優る」とは、あれこれ言葉で詳しく説明するよりも、なにも言わずにいるほうがかえって相手の興味を惹き、深い意味も悟ってもらえることを表した言葉です。例えば長い間勤務した職場を定年で退職する人が、感極まって言葉にならないときなど、その沈黙にはいろいろな思いがあるでしょう。そしてその場にいた人たちにもその思いはよく伝わるものです。このようなときにべらべら喋っていたのでは、むしろ思いの丈は伝わらないのではないでしょうか。

その3「口は災いの元」

「口は災いの元」という言葉は皆さんもよく聞いて慣れ親しんだことばでしょう。悪気なく言った言葉や不用意な発言が相手を怒らせ、自らに災いをもたらすことがあるので、言葉には十分注意するべきだとの戒めです。

例えば誰か親しい人との話に別の人が話題に上がって悪口を言ったとしましょう。ところがその人が、話している人の親戚だったという場合がよくあります。そうすると、あなたが言った悪口が親戚の人にまで伝わり、以後口も利いてもらえなくなったり、互いの関係がぎくしゃくしたりしがちです。そのようなことのないよう十分気をつけましょう。

「沈黙は金、雄弁は銀」の対義語は?

次に「沈黙は金、雄弁は銀」の対義語を見ていきましょう。

その1「言い勝ち功名」

「沈黙は金、雄弁は銀」の対義語として「言い勝ち功名」が挙げられます。読み方は「いいがちこうみょう」です。「言い勝ち功名」とは、少しばかり筋の通らない意見でも、言えば言っただけその意見に賛成する人が増えて支持される状況を表しています。黙っていてはどんなにいい意見を持っていても人には伝わりません。だから率先して意見を言うべきだと教えることわざです。

その2「言わぬ事は聞こえぬ」

「言わぬ事は聞こえぬ」とは、言わなくてもわかってもらえると思って黙っていては、自分の意見や考えが相手には伝わらないという意味です。つまり、後になってから「聞いていない」と言われないよう、しっかりと口に出して意見を言うべきだということを表しています。そうしないと、無用な誤解を与えてしまうという教訓も含んでいるのです。

「沈黙は金、雄弁は銀」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に「沈黙は金、雄弁は銀」の英訳を見ていきましょう。

\次のページで「その1「speech is silver, silence is golden」」を解説!/

その1「speech is silver, silence is golden」

「speech is silver, silence is golden」を英語に訳すと「演説は銀、沈黙は金」となります。日本語とは金と銀の順序が逆になっていますが、意味はまったく同じです。

その2「discretion can be more valuable than the most eloquent words」

「discretion can be more valuable than the most eloquent words」も「沈黙は金、雄弁は銀」の英訳と言えるでしょう。「慎重なことは雄弁な言葉より価値がある」と訳すことができます。「discretion」には裁量とか判断という意味がありますから、それを意訳して慎重と言い換えできるのです。

「沈黙は金、雄弁は銀」を使いこなそう

この記事では「沈黙は金、雄弁は銀」の意味・使い方・類語などを説明しました。今日は情報の洪水で黙っていてもあらゆるニュースが飛び込んできます。そうした情報をできるだけ早く人に伝えたいと思うのが人情というものです。昔コマーシャルで「男は黙って」なんて言葉が人気を呼びましたが、現代は「沈黙は金、雄弁は銀」より思ったことはしっかり伝えることのほうが重要と言えるのではないでしょうか。

" /> 【ことわざ】「沈黙は金、雄弁は銀」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【ことわざ】「沈黙は金、雄弁は銀」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「沈黙は金、雄弁は銀」について解説する。

端的に言えば沈黙は金、雄弁は銀の意味は「沈黙は雄弁に勝る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「沈黙は金、雄弁は銀」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「沈黙は金、雄弁は銀」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「沈黙は金、雄弁は銀」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「沈黙は金、雄弁は銀」の意味は?

「沈黙は金、雄弁は銀」には、次のような意味があります。

黙るべきときを知ることは、よどみなく話すことよりも大切だということ。

出典:明鏡国語辞典第三版(大修館書店)「沈黙は金、雄弁は銀」

「沈黙は金、雄弁は銀」「雄弁は銀、沈黙は金」と表現されることもありますが、意味はまったく同じです。また「沈黙は金」とだけ表現されることもあります。この場合の「金」は「かね」と読まないようにしてください。「きん」ですから注意しましょう。

下手な弁解や言い訳をするくらいなら黙っていたほうがまだましだという意味合いで使われる言葉です。このことわざは、なにがなんでも常に黙っていることがいいと言っているわけではありません。時と場合によっては言うべきことはしっかりと言うべきです。

日本人は周りとの軋轢を恐れて、得てして言うべきことも黙って周囲に同調してしまう傾向がありますが、沈黙がすべていいことだということを言っているのではありません。正しいと思ったことははっきりとそう伝えましょう。

「沈黙は金、雄弁は銀」の語源は?

次に「沈黙は金、雄弁は銀」の語源を確認しておきましょう。このことわざは、19世紀イギリスの歴史家・評論家であるトーマス・カーライルの著書『衣装哲学』のなかに記述された言葉がもとになっています。彼がこの著書のなかでどのような流れのなかでこの言葉を使ったのか定かではありませんが、少なくとも彼自身が考えた言葉ではないようです。実際は、彼がスイスで見たドイツ語の碑文に書かれた言葉が由来だと言われています。

碑文に書かれた正しい表現は「説得力のある言葉を持つことは大事だが、黙るべき時を知るのはもっと大事である」です。これが変化して「沈黙は金、雄弁は銀」とトーマス・カーライルが表記したと言われています。

『衣装哲学』と聞くと衣装などのファッションについて書かれた本だと考えがちですが、その本質は宇宙の象徴、形式、制度を衣装に見立てて論じたもので、極めて難解な哲学書です。

\次のページで「「沈黙は金、雄弁は銀」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: