英訳英語

【英語】「力の限り」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

「力の限り」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「力の限り」の英語表現

「力の限り」の英語表現はたくさんあります。その一つは「with all one’s might」です。

might」にはたくさんの意味がありますが、今回は「力」、「腕力」、「権力」などと言う意味で使われます。これは肉体的にも精神的にも用いられる表現です。

それではどんなふうに使えるか、例文で考えてみましょう。

1.How was the exam? – I don’t regret. I did with all my might.
試験はどうだった?ーうん、後悔はしていない。力の限りを尽くしたから。

2.My grand mother always said, “It’s more important to do something with all your might than making the result.”
おばあちゃんはよく、「結果を残すことよりも、力の限り何かを行うことの方が大事だ」って言ってた。

3.I hope you will challenge with all your might at this time.
今回は、力の限りを尽くして挑戦してくれることを願うわ。

「with all one’s might」と似たような英語表現・フレーズは?

最後に英語で使われる同じような意味を持つ表現を見ていきましょう。

似た表現「as hard as possible」

言い回しは異なりますが、下記でも「with all one’s might」と同じような意味を表現することができます。

それは「as hard as possible」です。これは「可能な限り一生懸命」と訳すことができるかもしれません。力の及ぶ限りというニュアンスを十分に伝えることができます。

それでは例文です。

\次のページで「「力の限り」を英語で言ってみよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: