この記事では「悪態(あくたい)をつく」について解説する。

端的に言えば悪態をつくの意味は「口ぎたなくののしる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「悪態をつく」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

悪態をつくような人に出会うことなく成長したので、コールセンターにかけてくるクレーマーからの悪態には心底驚いたらしい。それが今では子供に毎日怒鳴っているそうだが、悪態というほどではないと認識しているとか。「悪態をつく」の意味や用法を解説してもらう。

「悪態をつく」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「悪態をつく」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「悪態をつく」の意味は?

「悪態をつく」には、次のような意味があります。

口汚くののしったり、けなしたりする。憎まれ口をたたく。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

本人に向かって悪口を言ったり、けなしたりすることを言います。「悪口(わるくち)を言う」と似ていますが、悪口は本人がいないところで第三者に対して「○○さんって最低」と陰口をたたくことも。これと異なり、面と向かって言う点が「悪態」の特徴です。

いい大人が人をののしる様子というのは、はたで見ても気分のいいものではありません。許されるのはせいぜい、小さい子どもが自分にかまってほしくて悪態をつくケースぐらいではないでしょうか。腹立ちまぎれに悪態をつくようなことがないよう、自戒したいものです。

「悪態をつく」の語源は?

次に「悪態をつく」の語源を確認しておきましょう。まず「悪態」は、「悪い態度」や「悪口、憎まれ口」という意味。「つく」は漢字にするなら「吐く」と考えられ、「体内のものを口や鼻から外に出す」という意味があります。「嘘をつく」と同じ使い方ですね。

「憎まれ口を口から出す」ということで、「悪態をつく」は相手をののしることを表すようになりました。

\次のページで「「悪態をつく」の使い方・例文」を解説!/

「悪態をつく」の使い方・例文

「悪態をつく」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

・職場ではいい人で通っている彼が、居酒屋で店員に悪態をついていたのを見てしまった。

・幼稚園ででも覚えてきたのか、子供に「クソババア!」と悪態をつかれて驚いてしまった。

このように、「悪態をつく」ことは周囲を驚かせたり、嫌な気分にさせたりします。悪態をつく人の心理的特徴は、自分を大きく見せたいとか、照れ隠し、ストレス解消、癖や性格になっているなどさまざま。いずれにしても目的が達成されるとも思えないので、自制できるに越したことはありませんね。

「悪態をつく」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「悪態をつく」と似たような意味で使える表現を見ていきましょう。すでに解説に登場した「ののしる」や「悪口」、「憎まれ口」以外のものを紹介します。

その1「罵倒する(ばとうする)」

相手を大声で非難することです。「罵」の字の訓読みは「ののしる」で、この字を使った類義語はたくさんありますよ。

中でも「面罵(めんば)」は「悪態をつく」に近く、「面と向かって非難すること」。ほかに、痛烈に非難する「痛罵(つうば)」や馬鹿にして悪口を言う「冷罵(れいば)」といった表現も知っておきましょう。

\次のページで「その2「罵詈雑言を浴びせる(ばりぞうごんをあびせる)」」を解説!/

その2「罵詈雑言を浴びせる(ばりぞうごんをあびせる)」

口ぎたない言葉でののしることです。「詈」の字も「罵」と同じく、「ののしる、言い立てる」といった意味。「雑言」は悪口のことで、とにかく相手を非難して暴言を吐くニュアンスの漢字が集められた熟語です。

同様の意味で「悪口雑言(あっこうぞうごん)」もありますが、ここは「わるくち」とは読まない点に気をつけましょう。

・「彼女に罵倒されたことは一生忘れない」というぐちを、もう何度聞いたことか。

・自分より弱い立場の人を面罵するとは、ずいぶん感じの悪い奴だ。

・認知症の患者さんは罵詈雑言をはくことも珍しくないので、覚悟しておきましょう。

「悪態をつく」の対義語は?

次に、「悪態をつく」とは逆の意味を持つ表現を押さえておきましょう。

その1「追従(ついしょう)を言う」

「追従」は他人の気に入るような言動のこと。「お追従」と丁寧に言われることも多い言葉です。

この表現を使う場合は、読み方に注意してください。「ついじゅう」と読むこともありますが、こちらは「後につき従うこと」を指します。「追随(ついずい)」と言い換えることもできますね。

その2「美辞麗句(びじれいく)を言う」

「美辞麗句」は巧みに美しく飾った言葉のこと。と聞くと素敵な褒め言葉のような印象ですが、実際にはうわべだけ飾った内容の乏しい言葉を指します。有力者に気に入られようと、やたらと経歴や持ち物、家族などを持ちあげて媚びへつらう人をイメージするとわかりやすいですね。

同様の意味で「巧言令色(こうげんれいしょく)」もあります。論語に出てくる表現で、元は「巧言令色鮮し仁(すくなしじん)」の形。「巧みな言葉や表情で人に気に入られようとする者には、仁の心が欠けている」という内容です。

・愛想笑いやお追従ばかりの女性には苦手意識があります。

・お客様に美辞麗句を並べ立てたからといって、営業成績が上がるとは思えません。

\次のページで「「悪態をつく」の英訳は?」を解説!/

「悪態をつく」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に、「悪態をつく」を英語で表現してみましょう。

「spit out」

「口の中のものを吐き出す」という意味ですが、「怒って言う、言葉を吐き捨てる」を表す際にも使えます。日本語の「吐く(つく)」と同様、口から出すイメージで悪口を表すのは面白いですね。

このspitに「ののしりの言葉、呪い」の意味の「curse」をつけて、「spit a curse at~」としても、「~に悪態をつく」となりますよ。

「悪態をつく」を使いこなそう

この記事では「悪態をつく」の意味・使い方・類語などを説明しました。

小さな子どもが悪態をつく場合は、単に初めて知った言葉を言ってみたいだけということもあれば、親に自分を見てほしい気持ちが表れていることも。驚いてとっさに言い返すのではなく、「なぜそんな暴言を?」と考える余裕を持ちたいものですね。

" /> 【慣用句】「悪態をつく」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「悪態をつく」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「悪態(あくたい)をつく」について解説する。

端的に言えば悪態をつくの意味は「口ぎたなくののしる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「悪態をつく」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

悪態をつくような人に出会うことなく成長したので、コールセンターにかけてくるクレーマーからの悪態には心底驚いたらしい。それが今では子供に毎日怒鳴っているそうだが、悪態というほどではないと認識しているとか。「悪態をつく」の意味や用法を解説してもらう。

「悪態をつく」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「悪態をつく」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「悪態をつく」の意味は?

「悪態をつく」には、次のような意味があります。

口汚くののしったり、けなしたりする。憎まれ口をたたく。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

本人に向かって悪口を言ったり、けなしたりすることを言います。「悪口(わるくち)を言う」と似ていますが、悪口は本人がいないところで第三者に対して「○○さんって最低」と陰口をたたくことも。これと異なり、面と向かって言う点が「悪態」の特徴です。

いい大人が人をののしる様子というのは、はたで見ても気分のいいものではありません。許されるのはせいぜい、小さい子どもが自分にかまってほしくて悪態をつくケースぐらいではないでしょうか。腹立ちまぎれに悪態をつくようなことがないよう、自戒したいものです。

「悪態をつく」の語源は?

次に「悪態をつく」の語源を確認しておきましょう。まず「悪態」は、「悪い態度」や「悪口、憎まれ口」という意味。「つく」は漢字にするなら「吐く」と考えられ、「体内のものを口や鼻から外に出す」という意味があります。「嘘をつく」と同じ使い方ですね。

「憎まれ口を口から出す」ということで、「悪態をつく」は相手をののしることを表すようになりました。

\次のページで「「悪態をつく」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: