国語言葉の意味

「搦め手から攻める」ってどういうこと?「搦め手」の意味や類義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説

今日は授業でこんな話をしたんです。集団で物事を進めていくとき、自分と意見の合わない人達と対立してしまうことがあるでしょう。そういう時は相手の”搦め手”から攻めると良い…と俺は言ったんです。

ですがな、今はあまり「搦め手」という言い方はしないからか、あまり伝わらなかった…。この「搦め手」は簡単に言えば「相手の弱点」という意味なんだけどな。ということで、今回はその「搦め手」について、院卒日本語教師の”むかいひろき”に解説してもらうことにしたぞ。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「搦め手」の意味や語源は?

image by iStockphoto

「搦め手(からめて)」という言葉、歴史や時代劇好きの人以外は聞きなれない言葉かもしれません。ただ、意外と日常でも使われることがあるこの「搦め手」。覚えておいて損はないでしょう。まずはその「搦め手」の意味と語源を見ていきます。

「搦め手」の意味は「相手の弱点」

最初に、「搦め手」の意味を辞書を参考に確認していきましょう。国語辞典には「搦め手」には次のような意味が掲載されています。

1.城の裏門。敵陣などの後ろ側。また、そこから攻める軍勢。
「―から攻める」
2.相手が注意を向けていないところ。相手の弱点。
「―から説得する」

出典:明鏡国語辞典 第二版(大修館書店)「からめ-て【搦め手】」

「搦め手(からめて)」は「相手の注意が向いていないところ、弱点」という意味の慣用表現です。国語辞典に掲載されている2番目の意味が、現代語での意味となります。1番目の意味は元々の意味、つまり語源ですね。次のコーナーで詳しく解説しましょう。

「搦め手」の語源は日本の兵法やお城!

「搦め手」の語源は、古来からの日本の兵法やお城です。かつては、敵を正面から攻める軍勢を大手勢、若しくは大手軍、敵を側面や背後から攻める軍勢を搦手勢、若しくは搦手軍と言いました

例えば源平の合戦における多くの戦いで、正面から平家軍を攻めたのは大手勢の源範頼ですが、注意散漫になりがちな側面や背後から平家軍を攻め翻弄し、その名を天下にとどろかせたのが源義経です

時代が進み、お城が作られるようになると、正門は「大手門」、裏門は「搦め手」と言われるようになります自軍の側面や背後、城の裏門はどうしても守りが手薄になりがちです。これらのことから、「相手の注意が向いていないところ、弱点」という意味でも「搦め手」という言葉が使用されるようになりました。

\次のページで「「搦め手」の使い方を例文とともに確認!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: