国語言葉の意味

「手放し」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

1.息子はいつも手放しで自転車に乗るから怪我しないか心配だ。
2.合格通知はきたけど、補欠合格だから手放しでは喜べないな。
3.予定よりも早く産まれてしまったが、彼は手放しで喜んでくれた。

ID: ↑パーツ内本文:92文字

3つの例文を挙げてみました。例文1は男の子なら一度は経験するのではないでしょうか?手放し運転「手を放すこと」の例えですね。例文2の受験の補欠合格は、欠員が出て入学の権利が確定するまでは安心できませんよね。まだおおっぴらに無邪気に喜べないさまを表しています。例文3は初産で性別が分かってから準備までの間に産まれてしまうと、旦那さんに揃えてもらったり手続きしてもらったりと負担を増やしてしまいますが、そんな事も気にせずに大喜びしてくれる様子は、見ていてほっこりなりますし安心できますね。

このように「手放し」という言葉はポジティブに用いることが多いですが、牽制の意味を込めたネガティブな使い方もできますよ。

ID: ↑パーツ内本文:302文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「手放し」の後に続く言葉は、「~で喜ぶ」「~で褒める」「~で楽しむ」などポジティブな印象が強いが、「~では喜べない」のような否定形でも用い方もよく見聞きするよな。この言葉の不思議なところは、原型である「手放す」だと意味が全く変わってくるという所だ。「手放す」は手元から放す・所有していたものを人手に渡すの意味で、おおっぴらにというニュアンスは全く含まれていないんだ。「手放す」と「手放し」の関係を調べたが詳しく知ることはできなかったぞ。

引き続き「手放し」について言い換えなど詳しく見ていこう。

ID: ↑パーツ内本文:248文字

「手放し」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「手放し」の類義語はどんな言葉があるでしょうか?

ID: ↑パーツ内本文:24文字

その1「無条件」

「無条件」とは「むじょうけん」と読み、文字通り条件がないことの意。なんの条件も制限もないことを指す言葉ですよ。「手放し」にも条件・制約・批判などの無いことという意味があるので、類義語としてふさわしいでしょう。

「手放し」よりも直接的な言い換えなので使い勝手がいい言葉ですね。

ID: ↑パーツ内本文:138文字

その2「諸手を挙げる」

「諸手を挙げる」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?「諸手」とは「もろて」と読み、「左右の手」つまり両手のことを指します。無条件に歓迎するなどの意味もありますが、「諸手を挙げて喜ぶ」のほかにも「諸手を挙げて喜べない」や「諸手を挙げて賛同する」のような使い方もできるので、「手放し」とは同義語となりますよ。

ID: ↑パーツ内本文:154文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: