国語言葉の意味

【ことわざ】「糊口を凌ぐ」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「糊口を凌ぐ」について解説する。

端的に言えば「糊口を凌ぐ」の意味は「貧しく生活・生活に余裕がないさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んです。一緒に「糊口を凌ぐ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「糊口を凌ぐ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「糊口を凌ぐ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「糊口を凌ぐ」の意味は?

「糊口を凌ぐ」には、次のような意味があります。辞書や辞典で正確な内容を確認しましょう。

1.やっと暮らしを立てていく。貧しい暮らしをする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「糊口を凌ぐ」

「糊口を凌ぐ」という表現を聞いたことはあるでしょうか。初めて聞いたという方も多いかもしれませんね。「糊口を凌ぐ」とは「どうにかして生計を立てて暮らすこと・貧しい生活」の意。読み方は「ここうをしのぐ」です。漢字の読み方も少し難しい言葉ですね。少しの収入で貧しい暮らしをしているさまを示す言葉です。同じ意味で「口に糊する」とも表現しますよ。合わせて覚えておきましょう。

「糊口を凌ぐ」の語源は?

次に「糊口を凌ぐ」の語源を確認しておきましょう。「糊口」の「糊」は「お粥」の意。「糊口」は「細々と生活をする」ことです。「凌ぐ」は「辛抱する・耐え忍ぶ」の意。「お粥」はたくさんの水で炊くため、お米の量が多く感じられ満腹感の得やすい食事ですね。「お粥という質素な食事で生活をすること」から派生して「糊口を凌ぐ」=「どうにか暮らしを立てること・貧しい生活をすること」という意味になったと考えられていますよ。「糊口を凌ぐ」の由来について理解が深まりましたね。

\次のページで「「糊口を凌ぐ」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: