この記事では「爪の垢を煎じて飲む」について解説する。

端的に言えば爪の垢を煎じて飲むの意味は「格段にすぐれた人の爪の垢を薬として飲んでその人にあやかるように心がける。」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「爪の垢を煎じて飲む」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「爪の垢を煎じて飲む」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「爪の垢を煎じて飲む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。ちなみに、読みは「つめのあかをせんじてのむ」となります。

「爪の垢を煎じて飲む」の意味は?

「爪の垢を煎じて飲む」には、次のような意味があります。

格段にすぐれた人の爪の垢を薬として飲んでその人にあやかるように心がける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「爪の垢を煎じて飲む」

「爪の垢を煎じて飲む」とは、「格段にすぐれた人の爪の垢を薬として飲んでその人にあやかるように心がける」という意味の言葉です。そもそも、「煎じる」という行為は、お茶や薬草を水で煮出すことで、成分などを取り出すために行う行為となります。人の手や足にある爪ではなく、そこに溜まっている垢から良い成分を抽出することは、科学的な見地から言って間違いなく不可能です。

よって、「爪の垢を煎じて飲む」は実際にこうした行為をしなさいということではなく、「目標や模範とすべき人物から、少しでも良い部分を学ぶことによって、自分を成長させなさい」というメッセージということになります。実際に、爪の垢を煮出しても何の成分も取り出すことは出来ませんし、飲んだところで体に良い事は一つも起こりません。あくまで例えであるということを覚えておきましょう。

「爪の垢を煎じて飲む」の語源は?

次に「爪の垢を煎じて飲む」の語源を確認しておきましょう。「爪の垢」は、人にとってはほとんど溜まるようなこともなく、体の中では些末な部分です。しかし、その人が目標としている人のものであれば、「爪の垢」のような小さなものからでも、学べること、吸収できることがあるかもしれないという意味でこの言葉は使われています。

つまり、「爪の垢を煎じて飲む」とは、爪の垢のような小さな、細かなことであったとしても、目標としている人なのであればつぶさに学び取って、近づいていくようにすることが向上していくためには大切なことであるということを示しているのです。

\次のページで「「爪の垢を煎じて飲む」の使い方・例文」を解説!/

「爪の垢を煎じて飲む」の使い方・例文

「爪の垢を煎じて飲む」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

営業成績ランキングでトップの健太を称え、部長は「皆、君の爪の垢を煎じて飲むべきだ」と言った。

例文では、健太という「目標となるべき存在」に対して、その部の管理人である部長が「彼にあやかって、君たちも頑張るべきだ」とはっぱをかけたことになります。しかし、これはハッキリ言って逆効果となることが多いです。同僚として、切磋琢磨しているはずの人間である「健太」が良い成績を残したからと言って、粗末なものである「爪の垢」を煎じて飲めというのは、心証を悪くしないはずがありません。これでは、言われた健太も迷惑ですね。

あくまで「爪の垢を煎じて飲む」のは「この人にあやかって自分自身を向上させたい」と思う人物が、そう思っている相手に対して思うことであって、それを第三者から言われる筋合いはないはずなのです。しかし、残念ながらこうした使われ方が多いのがこの「爪の垢を煎じて飲む」という言葉。「飲みたい」と思うのは勝手ですが、「飲め」と言われると、とたんに反感を買うフレーズですので、使い方には注意しましょう。

「爪の垢を煎じて飲む」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「格段にすぐれた人の爪の垢を薬として飲んでその人にあやかるように心がける」という意味の、「爪の垢を煎じて飲む」という言葉。類義語としては「右へ倣え」「顰に倣う」といった言葉が挙げられます。

それぞれの言葉のニュアンスの違いを含めて、ひとつひとつ見ていきましょう。

その1「右へ倣え」

「右へ倣え」は「自分の右にいるものがやったようにする」という意味から、「無批判にその行いを真似すること」という意味を持つ言葉。「爪の垢を煎じて飲む」との違いは、「右」にいるものが「格段に優れた人物」であるかどうかは、関係がないという点です。つまり、「右へ倣え」はあくまで、自分の右、つまり、自分より先の人がやった行為を真似るだけであり、そこに「自分の向上」を願っていなくても使えるということになります。

一方、「右へ倣え」は主体性や自分なりの信念をもって起こしている行動ではないため、そうした考えが必要なところで「右へ倣え」を使う場合は、批判的なニュアンスです。

\次のページで「その2「顰に倣う」」を解説!/

その会社は社長に右へ倣えの体質が顕著となり、若手社員の離職率が年を追うごとに高まってしまった。

その2「顰に倣う」

「顰に倣う」は「良し悪しを考えもせず、やたらと真似をする」という意味の言葉。また、他人に倣って物事を行うことを謙遜して使う表現でもあります。こちらも、「爪の垢を煎じて飲む」とは異なり、その行動を真似することに対して良し悪しを吟味していません。

先人たちの顰に倣い、彼は勇気ある撤退をした。

「爪の垢を煎じて飲む」の対義語は?

image by iStockphoto

「格段にすぐれた人の爪の垢を薬として飲んでその人にあやかるように心がける」という意味の「爪の垢を煎じて飲む」という言葉。この対義語は「優れてはいない人の爪の垢を薬として飲むなどして、その人にあやかることなどないようにする」という意味を持つ言葉となります。よって、対義語はありません。

ただし、対義語に近いものとして「人の振り見て我が振り直せ」という言葉があります。これは「他人の行動などを見て、良いものは自分に取り入れて、悪いものをは真似をしないように心がける」という意味です。良いもの、悪いものどちらの意味でも自分の行動を律するという意味のため、完全なる対義語とは言えませんが、覚えておいても良いでしょう。

「爪の垢を煎じて飲む」を使いこなそう

この記事では「爪の垢を煎じて飲む」の意味・使い方・類語などを説明しました。自分自身を向上させるために、目標となる存在を見つけてそこに近づいていこうと心掛けることを指して使われるこの言葉。そのため、第三者から「飲め」と言われると、かなりささくれだった表現となりますので、使い方には気を付けましょう。目標や理想として掲げられるようなものに出会えることは、人生の中でそう多くはない体験だと考えます。そうした機会を逃さず自身の成長につなげられるように、アンテナを張って日々を過ごしていきたいものです。

" /> 【ことわざ】「爪の垢を煎じて飲む」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【ことわざ】「爪の垢を煎じて飲む」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「爪の垢を煎じて飲む」について解説する。

端的に言えば爪の垢を煎じて飲むの意味は「格段にすぐれた人の爪の垢を薬として飲んでその人にあやかるように心がける。」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「爪の垢を煎じて飲む」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「爪の垢を煎じて飲む」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「爪の垢を煎じて飲む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。ちなみに、読みは「つめのあかをせんじてのむ」となります。

「爪の垢を煎じて飲む」の意味は?

「爪の垢を煎じて飲む」には、次のような意味があります。

格段にすぐれた人の爪の垢を薬として飲んでその人にあやかるように心がける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「爪の垢を煎じて飲む」

「爪の垢を煎じて飲む」とは、「格段にすぐれた人の爪の垢を薬として飲んでその人にあやかるように心がける」という意味の言葉です。そもそも、「煎じる」という行為は、お茶や薬草を水で煮出すことで、成分などを取り出すために行う行為となります。人の手や足にある爪ではなく、そこに溜まっている垢から良い成分を抽出することは、科学的な見地から言って間違いなく不可能です。

よって、「爪の垢を煎じて飲む」は実際にこうした行為をしなさいということではなく、「目標や模範とすべき人物から、少しでも良い部分を学ぶことによって、自分を成長させなさい」というメッセージということになります。実際に、爪の垢を煮出しても何の成分も取り出すことは出来ませんし、飲んだところで体に良い事は一つも起こりません。あくまで例えであるということを覚えておきましょう。

「爪の垢を煎じて飲む」の語源は?

次に「爪の垢を煎じて飲む」の語源を確認しておきましょう。「爪の垢」は、人にとってはほとんど溜まるようなこともなく、体の中では些末な部分です。しかし、その人が目標としている人のものであれば、「爪の垢」のような小さなものからでも、学べること、吸収できることがあるかもしれないという意味でこの言葉は使われています。

つまり、「爪の垢を煎じて飲む」とは、爪の垢のような小さな、細かなことであったとしても、目標としている人なのであればつぶさに学び取って、近づいていくようにすることが向上していくためには大切なことであるということを示しているのです。

\次のページで「「爪の垢を煎じて飲む」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: