この記事では「魚と水」について解説する。

端的に言えば、魚と水の意味は「切っても切れない、親しい間柄」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「魚と水」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「魚と水」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「魚と水」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「魚と水」の意味は?

「魚と水」は、ことわざ(故事成語、慣用句)です。次のような意味があります。

密接な関係、親しい間柄のたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「魚(うお)と水(みず)」

「魚と水」は、うおとみず、と読みます。魚はさかなとは読まないので注意。

水と魚が、魚は水中でしか生きられない、切っても切り離せない関係であることから、親友や夫婦、恋人同士など、極めて親しい間柄のたとえという意味です。

「魚と水」の語源は?

次に、「魚と水」の語源を確認しておきましょう。

魚と水が、切っても切り離せない関係であることが、そもそもの言葉の由来です。

中国の『三国志』の「蜀書 諸葛亮伝」において、劉備(りゅうび)が関羽や張飛らに語った「孤之有孔明 猶魚之有水也」の文言が登場します。「孤(こ)の孔明有るは、なお魚(うお)の水有るが如きなり」と読み、日本語に訳すと「私にとって孔明がいることは、言うなればまさに魚に水があるようなものである」です。

この「魚と水」は、親密な人間関係を表現しているとされています。「水魚の交わり」もほぼ同じ意味です。

\次のページで「「魚と水」の使い方・例文」を解説!/

「魚と水」の使い方・例文

次に、「魚と水」の使い方を、例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.仕事で秘書を務める古参の彼女と上司とのビジネス関係は、魚と水のようだ。
2.魚と水のごとく、友人同士の二人はお酒を飲むと話が尽きない固い友情で結ばれている。
3.転職した新天地で、前職よりもまるで魚と水のように大活躍した。

それぞれの例文について、解説していきます。

例文1は、上司と秘書というビジネス関係が、切っても切れない関係であるという意味。例文2は、親しい友人同士、つまり親友という意味で、用いられています。

例文3は、仕事での相性を、魚と水にたとえて表現した文章です。

「魚と水」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

次に、「魚と水」について、類義語(類語)を見ていきましょう。

類義語として、例えば、水魚の交わりをはじめ、心腹の友管鮑の交わり金石の交わり水魚の親刎頸の友刎頸の交わり金蘭の契り君臣水魚膠漆の交わり断金の契り断金の交わり莫逆の友魚の水を得たるが如し、など数多くあります。

その1「刎頸の友」

「刎頸の友」は、ふんけいのとも、と読みます。刎頸の交わりで結ばれた友情を表現することも。

そもそも、刎頸とは、首を斬ること、斬首との意味。つまり、生死をともにするほど親しい交友関係をたとえた言葉です。中国の『史記』(藺相如伝)で、友のためならたとえ首を切られても悔いがないくらい親しい交際を表現する一文があります。

切っても切れない関係という点においては、「魚と水」と意味はほぼ同じです。

\次のページで「その2「膠漆の交わり」」を解説!/

その2「膠漆の交わり」

「膠漆の交わり」(こうしつのまじわり)は、「膠漆之交」と四字熟語で表現されることが多く、意味は、固い結びつきで簡単には離れない交友関係厚い友情のたとえです。

膠漆の「膠」はにかわ、「漆」はうるしで、膠漆は、お互いにぴったりくっついて離れない、にかわやうるしでくっつけたような間柄という意味。これも、中国の『史記』にその記述が見られます。

「魚と水」と同じ意味なので、類義語です。

その3「魚の水を得たるが如し」

「魚の水を得たるが如し」は、決して離れることができない親密な交情のたとえという意味。苦しい窮地から脱し、大活躍できるようになることを言う場合もあります。ここでも「魚」の読み方は「うお」です。

『太平記』に、「吉野の君も魚の水を得たる如く叡慮を悦ばしめ」 との一文があります。この言葉も、「魚と水」と同じ意味です。

「魚と水」の対義語は?

続いて、「魚と水」の対義語(反対語)を確認しておきましょう。

「魚と水」の対義語は、例えば、犬猿の仲犬猿もただならず陸へ上がった河童(カッパ)、木から落ちた猿、などがあります。

その1「犬猿の仲」

「犬猿の仲」(犬猿之仲)の意味は、お互いにとても仲が悪いことです。「けんえんのなか」と読みます。

なぜ、犬と猿なのでしょうか。実は、日本では昔から、犬と猿は相性が悪いとされてきました。最も有力なのは、干支で知られる「十二支」との説。最初、猿と犬は仲良く出発したものの、途中で競争となり、途中の川に2匹とも落ち、さらに大喧嘩になったことに由来するとされます。

その2「陸へ上がった河童」

「陸へ上がった河童」の陸は、りくではなく「おか」と読みます。

言葉の由来は、河童(カッパ)は水中ではその能力を発揮できる一方、陸に上がったとたんに力を失うこと。つまり、力のある者が、自分のいる環境が一変したとたん、まったく無力・無能となってしまうことのたとえで使われます。

「魚と水」の英訳は?

image by iStockphoto

さらに、「魚と水」について、英訳も確認しておきましょう。

「魚と水」をそのままを英語に訳すと、fish and water ですが、これはただの直訳で、正しくはありません。close friendshipintimate friendship などが正しい英訳となります。

\次のページで「「close friendship」」を解説!/

「close friendship」

「魚と水」の意味は、親密な間柄であり、英語だと、close friendshipintimate friendship などとなります。close、intimate いずれも意味は、親密な、親しい(間柄)です。

例文を見てみましょう。

・They entered into intimate friendship with one.

彼らは魚と水の関係を結んだ。

・He and she are hand and glove each other.

彼と彼女はお互い、魚と水の関係だ。

「魚と水」を使いこなそう

この記事では、「魚と水」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「魚と水」の言葉の意味は、切っても切れない親密な関係であり、例えば、親友や夫婦などにたとえて表現する場合に使われます。中国の『三国志』にも登場する歴史ある言葉です。

対義語が「犬猿の仲」であることも、合わせて覚えておきましょう。

" /> 【ことわざ】「魚と水」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説! – ページ 2 – Study-Z
国語言葉の意味

【ことわざ】「魚と水」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

「魚と水」の使い方・例文

次に、「魚と水」の使い方を、例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.仕事で秘書を務める古参の彼女と上司とのビジネス関係は、魚と水のようだ。
2.魚と水のごとく、友人同士の二人はお酒を飲むと話が尽きない固い友情で結ばれている。
3.転職した新天地で、前職よりもまるで魚と水のように大活躍した。

それぞれの例文について、解説していきます。

例文1は、上司と秘書というビジネス関係が、切っても切れない関係であるという意味。例文2は、親しい友人同士、つまり親友という意味で、用いられています。

例文3は、仕事での相性を、魚と水にたとえて表現した文章です。

「魚と水」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

次に、「魚と水」について、類義語(類語)を見ていきましょう。

類義語として、例えば、水魚の交わりをはじめ、心腹の友管鮑の交わり金石の交わり水魚の親刎頸の友刎頸の交わり金蘭の契り君臣水魚膠漆の交わり断金の契り断金の交わり莫逆の友魚の水を得たるが如し、など数多くあります。

その1「刎頸の友」

「刎頸の友」は、ふんけいのとも、と読みます。刎頸の交わりで結ばれた友情を表現することも。

そもそも、刎頸とは、首を斬ること、斬首との意味。つまり、生死をともにするほど親しい交友関係をたとえた言葉です。中国の『史記』(藺相如伝)で、友のためならたとえ首を切られても悔いがないくらい親しい交際を表現する一文があります。

切っても切れない関係という点においては、「魚と水」と意味はほぼ同じです。

\次のページで「その2「膠漆の交わり」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: