国語言葉の意味

【ことわざ】「言うは易く行うは難し」の意味や使い方は?例文や類語を文学部卒現役ライターがわかりやすく解説!

この記事では「言うは易く行うは難し」について解説する。

端的に言えば言うは易く行うは難しの意味は「口で言うことは簡単でも行動することは難しい」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

高校で国語教師をしていた経歴を持つ、現役ライターのhiyoriを呼んです。一緒に「言うは易く行うは難し」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/hiyori

大学で近現代日本文学を専攻し、その知識を活かして国語教師として教壇に立っていた経歴を持つ。現在はライターとして様々な情報を発信している。難しい言葉もわかりやすい言葉で解説していく。

「言うは易く行うは難し」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 17860305

皆さんは「言うは易く行うは難し」の意味をご存知ですか。「易く」や「難し」など、日常生活ではあまり使用されないうえに語感も難しく感じる言葉なので、意味を知らないという人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「言うは易く行うは難し」について解説していきたいと思います。

それでは早速、「言うは易く行うは難し」の意味や使い方を確認していきましょう。

「言うは易く行うは難し」の意味は?

「言うは易く行うは難し」には、次のような意味があります。

口で言うことは簡単だが、それを実行することは難しい。

出典:大辞林 第3版(三省堂)

「言うは易く行うは難し」は「いうはやすくおこなうはかたし」と読みます。「易く」は簡単で大した手間がかからないこと、「難し」は字の通り難しいという意味です。これらの意味から、口で言うだけならば簡単にできるが、いざそれを行うことは難しいということを表します。

例えば、明日から毎日5時半に起きて朝活をすると口で言うだけなのは簡単ですが、いざ毎日実行しようとするとかなり難しいですよね。このように、口では簡単に言えるけど実際に行おうとすると難しい場合に「言うは易く行うは難し」と表現するのです。また、目標を決めるときや、実際にやってみたら難しかったときなどにも使われます。

「言うは易く」だけを強く取って、「言うだけなら簡単だから行動は起こさずに言う」で使用されることもありますが、これは間違った使い方なので注意してください。

「言うは易く行うは難し」の語源は?

次に「言うは易く行うは難し」の語源を確認しておきましょう。

このことわざは、古代中国の会議録である『塩鉄論』が由来です。この『塩鉄論』は、紀元前の前漢時代、古代中国の朝廷における塩・鉄・酒の専売制などの政策をめぐる論戦をまとめています。

この中の「言う者は必ずしも徳有らず。何となれば、これは言うは易くして、これを行うは難ければなり」という言説に基づいて成り立っていると考えられています。

\次のページで「「言うは易く行うは難し」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: