この記事では「明け透け」について解説する。

端的に言えば明け透けの意味は「包み隠さないこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元国語科教員ライターのminを呼んです。一緒に「明け透け」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターとして活動中。

「明け透け」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 23460923

それでは早速「明け透け」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「明け透け」の意味は?

「明け透け」には、次のような意味があります。

あけ‐すけ【明け透け】
[名・形動]あけっぴろげで、露骨なこと。包み隠しのないこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「明け透け」

包み隠さないこと」「ありのまま」「露骨」といった意味を持つ言葉です。

同じような意味の言葉は多く存在していますが、どちらかと言うと「明け透け」は少し否定的な意味で使われます。辞書によっては「態度や言動がはっきりしているが、慎み深さを欠くこと」と、そんなネガティブなニュアンスを明確に定義しているものもあるほどです。

つまり、使いどころを間違えると相手を傷つけてしまうことにもなりかねませんので、注意しましょう。

「明け透け」の語源は?

次に「明け透け」の語源を確認しておきましょう。

この表現を2分割するとすれば「明け」「透け」に分かれますよね。「明け」は「明らか」「明確」「明瞭」のように「あざやかなさま、はっきりしているさま」を示す言葉、「透け」は「透ける」「透明」のように「薄いものやすきまを通して向こう側が見える状態」を示す言葉です。

そんな同じような意味の2語が合わさって「包み隠さない」「露骨」という意味の「明け透け」という表現は成り立っています。

\次のページで「「明け透け」の使い方・例文」を解説!/

「明け透け」の使い方・例文

「明け透け」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.彼女の明け透けな性格は長所でもあり、短所とも言える。
2.あのタレントは明け透けな物言いで人気を博している。
3.周りに対して明け透けに事情を話す必要はない。

「明け透けな」「明け透けに」といった形で、態度や性格に対して用いられることが多い表現です。

また、先述したとおり、少し否定的なニュアンスを含んでいます。例文の1、3はそうしたニュアンスを読み取りやすいかもしれませんが、2のような言い方の場合も「明け透け」という表現を使うことで、少し皮肉った言い方であることが伝わってくる、というわけです。

「明け透け」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 64027421

次に「明け透け」の類義語や関連語を紹介します。似た意味の言葉が多く存在しているので、ニュアンスの違いに注意しながら見ていきましょう。

その1「開けっ広げ」

あけっぴろげ」と読む表現で、最初に紹介した辞書の引用にも登場した言葉です。

意味は「開けっ放し」と同じで、窓などをすっかり開け広げたときのように、他のものに対して「開放的」で「隠さずありのままをみせるさま」を指します。また、「開けっ広げ」はいい意味でも悪い意味でも使うことができる表現です。

「明け透け」と似た意味の言葉として、覚えておくと良いでしょう。

\次のページで「その2「ざっくばらん」」を解説!/

その2「ざっくばらん」

心中をさらけ出して隠さないさま」「うちとけて遠慮がないさま」という意味の言葉です。会議やパーティーの場で「ざっくばらんにお話しましょう」といった形で耳にしたことがあるかもしれません。「余計な遠慮はせずにお話ししましょう」という意味で使われているということですね。また、「ざっくばらんな人」のように性格や態度にも使うことができる表現です。

「明け透け」と異なる点としては、悪い意味で使われることがない点にあります。基本的にはポジティブな意味で使われる表現になる点を理解しておきましょう。

その3「赤裸々」

こちらも「明け透け」とほぼ同じ意味で用いられる言葉です。

元々は「赤裸(せきら)」という表現だった「赤裸々(せきらら)」は、「まるはだか」という意味の言葉でした。そこから「包み隠さないこと」という意味まで持つようになったと言われています。

「明け透け」との違いとしては、こちらは「赤裸々に語る」のように動詞とセットで使われることが多い点、また、いい意味・悪い意味に関わらず使用することができる点だと言えるでしょう。

「明け透け」の対義語は?

次に、「明け透け」の対義語について考えてみましょう。

明け透けの対義語は「婉曲」

「ありのまま」「露骨」という意味の「明け透け」に対し、「露骨でないさま」を示す「婉曲(えんきょく)」という言葉があります。古文を勉強している人は、助動詞の学習の際などに聞いたことがあるかもしれません。

例えば「婉曲的な表現」であれば「遠まわしな表現」という意味になり、具体的には「〜のようだ」「〜みたいだ」というように断定を避けるような言い方を指します。「明け透け」と合わせてぜひ覚えておいてほしい表現です。

「明け透け」の英訳は?

image by PIXTA / 66630720

最後に、「明け透け」の英語表現について確認していきましょう。

明け透けは英語で「frankly」

「明け透け」の英訳に最適なのが「frankly」という副詞の単語です。日本語でも「フランクに話そうよ」といった形で耳にしたことがあるかもしれませんね。和訳する場合は「率直に」「ありのままに」と訳されるのが一般的ですが、「明け透け」を英訳する際はこの「frankly」を使えば問題ありません。

他にも似た意味の単語で「honestly」という表現もあります。こちらはどちらかといえば「正直」という意味に近くなりますが、そんなニュアンスを加えたいときは「honesty」を用いても良いでしょう。

以下に例文を用意しましたので、ぜひチェックしてみてください。

\次のページで「「明け透け」を使いこなそう」を解説!/

I stated my opinion frankly.
私は自分の意見を明け透けに述べた

He answered honestly.
彼は明け透けに答えた。

「明け透け」を使いこなそう

この記事では「明け透け」の意味・使い方・類語などを説明しました。

一見、意味だけ見ると悪い意味のようには思えませんが、実は「度を越して慎み深さを欠いている」というように否定的なニュアンスの言葉として使われています。そこまで把握していなかったら、悪気なく相手を傷つけることにもなりかねません。同じような意味の表現と上手に使い分け、そうした「言葉による事故」を回避できるようにしましょう。

" /> 「明け透け」の意味や使い方は?例文や類語を元国語科教員がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「明け透け」の意味や使い方は?例文や類語を元国語科教員がわかりやすく解説!

この記事では「明け透け」について解説する。

端的に言えば明け透けの意味は「包み隠さないこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元国語科教員ライターのminを呼んです。一緒に「明け透け」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターとして活動中。

「明け透け」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 23460923

それでは早速「明け透け」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「明け透け」の意味は?

「明け透け」には、次のような意味があります。

あけ‐すけ【明け透け】
[名・形動]あけっぴろげで、露骨なこと。包み隠しのないこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「明け透け」

包み隠さないこと」「ありのまま」「露骨」といった意味を持つ言葉です。

同じような意味の言葉は多く存在していますが、どちらかと言うと「明け透け」は少し否定的な意味で使われます。辞書によっては「態度や言動がはっきりしているが、慎み深さを欠くこと」と、そんなネガティブなニュアンスを明確に定義しているものもあるほどです。

つまり、使いどころを間違えると相手を傷つけてしまうことにもなりかねませんので、注意しましょう。

「明け透け」の語源は?

次に「明け透け」の語源を確認しておきましょう。

この表現を2分割するとすれば「明け」「透け」に分かれますよね。「明け」は「明らか」「明確」「明瞭」のように「あざやかなさま、はっきりしているさま」を示す言葉、「透け」は「透ける」「透明」のように「薄いものやすきまを通して向こう側が見える状態」を示す言葉です。

そんな同じような意味の2語が合わさって「包み隠さない」「露骨」という意味の「明け透け」という表現は成り立っています。

\次のページで「「明け透け」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: