国語言葉の意味

【慣用句】「鰻登り」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「鰻登り」について解説する。

端的に言えば鰻登りの意味は「物事の程度が急激に上昇すること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んです。一緒に「鰻登り」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「鰻登り」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「鰻登り」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

鰻登り」は「うなぎのぼり」と読みます。ニュースなどでもしばしば使われる言葉ですから、聞いた事があるかも知れません。「鰻登り」は、簡単に言うと「上昇する」と言う意味ですね。しかし、なぜ「鰻」が使われているのでしょう。

それでは早速「鰻登り」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「鰻登り」の意味は?

まず初めに「鰻登り」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「鰻登り」には、次のような意味があります。

1.気温・物価・評価などが見る間に上がったり、物事の件数・回数が急激に増えたりすること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「鰻上り/鰻登り」

2.物事の程度・段階が、驚くほど急激な勢いで上がること

出典:新明解国語辞典(三省堂)「鰻登り」

「鰻登り」とは、気温や物価、評価など、物事の程度や段階が急激に上昇する、と言う意味です。ニュースなどでは、特に経済で物価や株価などに用いられるでしょう。その他、人気があがることにも「鰻登り」を用いることがあります。

また「鰻登り」と「鰻上り」、どちらの漢字を使っても良いでしょう。

似た言葉に「鯉の滝登り」があり、しばしば間違えられることがあるようです。「鯉の滝登り」は、立身出世することの例えですから全く意味が違いますね。誤用しないよう気をつけましょう。

「鰻登り」の語源は?

次に「鰻登り」の語源を確認しておきましょう。「鰻登り」の由来には二つ説がありますので紹介します。

一つめは、鰻が川を上ってくる時に、どんな急流やどんな急勾配の川でも、体をくねらせることで上へ登っていく事ができることから、と言う説です。鰻は海で生まれ、その後、川を上り上流で成長していくと言われています。

もう一つは、鰻を手で捕まえようとすると、つるつると上に向かって逃げてしまうことから「鰻登り」と言うようになったと言う考えです。

どちらが正しい由来かはわかりませんが、鰻の習性を良く知っている日本人だからこそ生まれた慣用句ですね。

\次のページで「「鰻登り」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: