理科生態系生物

5分でわかる「自然の恵み」!学術的な定義とは?理系学生ライターがわかりやすく解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

生態系サービスにも金銭的価値があるという考え方があるぞ。

ID: ↑パーツ内本文:28文字

生態系サービスのプライシング制度

生態系サービスのプライシング制度

image by Study-Z編集部

先ほど、環境を汚染した者がコストを払わず、汚染された環境を利用する者がコストを払わなければならないという場面があると述べました。このように、生態系サービスに対する責任の所在とコストの発生が一致しないような現象のことを『外部不経済』と呼びます。この現象は、環境問題を考える上で無視できない概念の一つです

以上のような問題を解決するために、生態系サービスを消費した者がコストを払う制度について、国際的な規模で議論されています。これは、汚染者負担の原則に基づいていますよ。例えば、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出したものに対して金銭の支払いを求めるカーボンプライシング制度などが、生態系サービスのプライシング制度に当てはまります。

ID: ↑パーツ内本文:317文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

生態系サービスのプライシング制度について理解しておけ。

ID: ↑パーツ内本文:27文字

自然の恵みについて学ぶ意義

この記事では、最初に自然の恵みという言葉の一般的なイメージを述べました。その後、環境工学の専門用語である生態系サービスや自然資本について解説しましたよね。これらの用語は、自然の恵みの概念に近いものです。

自然の恵みについて学ぶことは、近年関心が高まっている環境問題を本質的に理解する上でも重要だと言えます。ですから、自然の恵みについての一歩踏み込んだ理解をしておくことで、損をすることはないでしょう。ぜひこの記事を読んで、自然の恵みについて学んでみてくださいね。

ID: ↑パーツ内本文:232文字
1 2 3
Share:
pen_teppo