地学地球大気・海洋理科

3分で簡単梅雨のメカニズム!なぜ梅雨が存在するの?理系学生ライターがわかりやすく解説!

今回は「梅雨のメカニズム」について解説していきます。

梅雨という言葉は、夏前になると毎年のように天気予報で耳にするものです。身近な現象ですが、そのメカニズムを説明することができる方は多くはないかもしれない。ですが、身近であるからこそ、梅雨のメカニズムについて知っておくことで損をすることはないと言えるはずです。ぜひ、この機会に梅雨のメカニズムについての理解を深めてくれ。

環境工学を専攻している現役理系学生ライター通りすがりのペンギン船長と一緒に解説していきます。

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。エネルギー工学、環境工学を専攻している。これらの学問への興味は人一倍強い。土壌、生態系、気象、地球温暖化について学んだこともある。

梅雨について学ぼう!

image by iStockphoto

今回の記事は、『梅雨』をメインテーマとして、話を進めていきます。梅雨という言葉は、新聞やテレビの天気予報でよく耳にするので、多くの人にとって馴染みの深いものになっているのではないでしょうか

この記事では、自然科学の視点で梅雨について考察していきます記事を読み終わるころには、梅雨のメカニズムを自分で説明できるようになるでしょう

記事の前半では、梅雨のメカニズムについて学ぶ前に、梅雨がどのようなものであるのかを簡単に学び直せるようにしてあります。ですから、サイエンスの知識に自信がない方も、気軽に記事を読んでみてくださいね。

\次のページで「梅雨とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: