国語言葉の意味

「炯眼」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学科卒Webライターが解説!

その1「penetrating eye」

「penetrating」は「洞察力のある、見識をもった、鋭敏な、突き刺すような」といった意味を持つ単語です。ですので「penetrating eye」と言うと「洞察力のある目」となり、「炯眼」の英訳として用いることができます。

その2「insightfulness」

「insightful」は「洞察力のある、物事の実態、真相を見抜く力のある」といった意味を持つ単語です。この単語に状態を表す「ness」をつけると「炯眼」を意味する言葉になります。

その3「eagle eye」

「鋭く光る目」の英訳としては、「eagle eye」を挙げることができます。「eagle eye」は直訳すると「ワシの目」。そこからワシのように優れた視力鋭い観察眼を意味する言葉として使われているのです。

He has a penetrating eye.
彼は炯眼を持っています。

I was surprised by his insightfulness.
私は彼の炯眼に驚きました。

Nothing can get past his eagle eye.
彼の炯眼をくぐり抜けることはできない。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「炯眼」の意味や使い方がわかっただろうか。人間関係を円滑に進めていくためには、相手の真意を知る努力、物事を円滑に進めていくためには、本質を見抜く力が重要になってくる。それは、日常生活でもビジネスシーンでも同様だ。常に考える癖をつけることで、「炯眼」を鍛えることは可能になるぞ。

「炯眼」を使いこなそう

この記事では「炯眼」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「炯眼」は「物事の真偽や本質を見抜く鋭い眼力」また「鋭く光る目」を表す言葉でしたね。見慣れない漢字で、ぱっと見ただけではわかりにくい言葉かもしれません。また、同じ意味、同じ読み方の「慧眼」もありますので難しいと感じてしまうかもしれませんね。そして、本当に大切なことは何なのかを見極めることのできる優れた洞察力を持つことは、それ以上に難しいことかもしれません。とはいえ、せっかくここで出会った言葉です。「炯」の字の持つ光の強さをイメージしながら、「炯眼」という言葉、ぜひ意識して使ってみてくださいね。

1 2 3 4
Share:
haruko417