国語言葉の意味

「炯眼」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学科卒Webライターが解説!

その4「審美眼」

「審美眼(しんびがん)」は「美を的確に見極める能力」を意味する言葉です。目先の美しさだけではなく内側に隠れている本物の美しさや、表面上は美しくても中身は価値のないものを見極める力のことを表します。「美」に焦点が置かれていますが、この言葉も「炯眼」と似た意味を持っていますね。「審美眼がある」などと用います。

「炯眼」の対義語は?

「炯眼」と反対の意味を持つ言葉を見ていきましょう。

その1「節穴」

「節穴(ふしあな)」は「板などの節が抜けおちたあとの穴」のことを表しますが、「見る能力のない目。見えるはずのものを見落としたり、物事の意味を見抜く力のないことをあざけっていう語」です。「君の目は節穴か」などと言いますね。それは「君の目は、ただあいているというだけで物を十分に見る役に立っていない目なのか」と、物事に対する洞察力のないことをののしって言う表現なのですよ。

その2「無知蒙昧」

「無知蒙昧(むちもうまい)」は「知恵や学問がなく、愚かなさま」を意味する四字熟語です。「無知」は知識がないこと、何も知らないことを意味し、「蒙昧」は物事の道理をよく知らないことを意味します。「無知蒙昧な大衆」などと用いますよ。

その3「盲目」

「盲目(もうもく)」は「目の見えないこと」を意味する言葉ですが、「他のものが目に入らず、理性的な判断ができないこと」も表します。比喩的に物事の分別がつかないことを表すのですね。「恋は盲目」などと言いますね。

その4「不明」

「不明(ふめい)」は「はっきりわからないこと、明らかでないこと」を意味する言葉ですが、「物事を見抜く力のないこと」の意味も持っています。才知が足りないこと、見識がないことを表す言葉なのです。「すべて私の不明のいたすところ」などと言いますね。

「炯眼」の英訳は?

image by PIXTA / 50188931

「炯眼」を英語に訳すとどのように表現できるか見ていきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
haruko417