この記事では「与り知らぬ」について解説する。

端的に言えば与り知らぬの意味は「それについて何も知っていないさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

幼少期から様々な分野の本を読み続け、知識を深めてきた川瀬を呼んです。一緒に「与り知らぬ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/川瀬

幼少期から多種多様な本を与えられて育ち、分からない言葉があれば辞書で引く癖がついていた。本を読み続けていく中で、細やかで表現力豊かな美しい日本語に魅了される。これまでの読書量を活かし、丁寧に言葉の意味を解説していく。

「与り知らぬ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「そのような事は与り知りません」などと、聞いた事はあるでしょうか。日常生活ではあまり聞き馴染みのない言葉なので、よく分からない方も多いでしょう。しかし、いざ目の前にした時に、意味を知らないと戸惑ってしまうかと思います。言葉の正しい意味と使い方を知る事は大切です。それでは早速「与り知らぬ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「与り知らぬ」の意味は?

「与り知らぬ」には、次のような意味があります。

関与しておらず、したがってその内情など知るよしもない、といった意味合いで用いられる表現。「与り知るところではない」のような言い回しも多く用いられる。

出典:実用日本語表現辞典「与り知らない」

「与り知らぬ」をもっと深く理解するためには、「あずかる」という言葉を知ることが大切です。「あずかる」とは、「与り知らぬ」のように「与る」と「関る」と漢字表記することができ、「ある物事にかかわりをもつ。関係する」「ある人物に関係・関与している」という意味を持っています。

そのため、「与り知る」とすると「ある物事・人物に関係していてそのことを知っている」という意味になり、「与り知らぬ」とすると「ある物事・人物に関係しておらず、そのことを知らない」という意味になるのです。

「与り知らぬ」の語源は?

次に「与り知らぬ」の語源を確認しておきましょう。正確には「与り知らぬ」の語源は不明ですが、前述でも紹介したように、「与り知る」という言葉から「与り知らぬ」という言葉が出来たと考えられます。「与り知る」が「ある物事・人物に関係していてそのことを知っている」という意味で、「与り知る」を打ち消して否定する「与り知らぬ」は、「その物事・人物に関係ないため知らない」という意味になるのです。

\次のページで「「与り知らぬ」の使い方・例文」を解説!/

「与り知らぬ」の使い方・例文

「与り知らぬ」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.先日、自分は自宅を留守にしていたので、何が起こったのかあずかり知らないことです
2.ある政治家は今回大きく報道された不祥事疑惑について、その任命責任を厳しく追及されていた。しかし、何を質問されても、「私のあずかり知らぬことです」という内容の答弁を繰り返しているようで、真実が分からない。
3.君が管理責任のある上司なので、君の部下が犯したミスについて、あずかり知らぬという無責任な態度はおかしいだろう。

これらの例文について、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

「与り知らぬ」をそのまま使う事はあまりありません。例文1のように「あずかり知らない」のような言い回しで使います。「自宅を留守にしていたためあずかり知らない。」とすると、自宅に居なかったため何が起こったのか何も知らない事を意味している文章になるのです。

例文2や例文3は、「与り知らぬ」をそのまま用いた場合の例文になります。「与り知らぬ」を実際に用いる際には、「あずかり知らぬこと」「あずかり知らぬという」など、「という」を補い形容詞のように用いましょう。

「与り知らぬ」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「与り知らぬ」には「ある物事・人物に関係しておらず、そのことを知らない」という意味がありました。そんな「与り知らぬ」の類義語についても見ていきましょう。

その1「全く知らない」

「与り知らぬ」の類義語の1つに、「全く知らない」という言葉があります。「全く知らない」の意味は、皆さんご存じの通り「そのことについて何1つ知らないこと」という意味です。「与り知らぬ」は「その物事・人物と関係がないので何もしらないこと」という意味があるので、類義語の1つと言えるでしょう。

また、ほぼ同じ意味を持っているため「何が起こったのか与り知らない」を「何が起こったのか全く知らない」と、言い換え語として使う事も出来ます。

\次のページで「その2「関知していない」」を解説!/

その2「関知していない」

もう1つの類義語として、「関知していない」という言葉もあります。「関知していない」とは「その物事にかかわりがなく、事情をあずかり知らないさまなどを意味する表現」という意味です。「与り知らぬ」は「その物事・人物と関係がないので何もしらないこと」という意味があるので、類義語の1つと言えるでしょう。

違いとしては、「関知していない」はその物事にかかわりがなく、「事情を知らない」だけです。一方、「与り知らぬ」は「その物事などについて何も知らない」という違いがあるので、上手に使い分けていきましょう。

・二次創作に関しましては、当社は一切関知しておりません。

・あなたたちが上手くいくかどうかは、僕は関知していません。

「与り知らぬ」の対義語は?

image by iStockphoto

次に、「与り知らぬ」の対義語について見ていきましょう。

「与り知る」

「与り知らぬ」の対義語は、「与り知る」になります。「与り知る」を打ち消して否定しているのが「与り知らぬ」なので、真反対の意味を持っている「与り知る」が対義語になると考えていいでしょう。

・将来のことは僕のあずかり知るところではない。

・母親が元気に過ごしているかどうかなんて彼女のあずかり知るところではないし、全く考えたくもない問題だよ。

・家庭内の事情など、もう無関係な僕のあずかり知るところではない。

「与り知らぬ」を使いこなそう

この記事では「与り知らぬ」の意味・使い方・類語などを説明しました。「与り知らぬ」とは、「ある物事・人物に関係しておらず、そのことを知らない」という意味でした。「与り知る」を打ち消して否定している言葉で、その「与り知る」が対義語です。

類義語には「全く知らない」「関知していない」が挙げられ、前者はほとんど同じ意味なので、言い換え語としても使えます。「関知していない」とは、ニュアンスに違いがあるので、上手に使い分ける事のがおススメです。

日常生活ではあまり使われない言葉ですが、使えるシーンは日常生活で多いのかもしれません。「その物事や問題、人物に関係していないため何も知らないこと」を相手に伝える場合に、実践して使ってみても良いでしょう。

" /> 「与り知らぬ」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「与り知らぬ」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「与り知らぬ」について解説する。

端的に言えば与り知らぬの意味は「それについて何も知っていないさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

幼少期から様々な分野の本を読み続け、知識を深めてきた川瀬を呼んです。一緒に「与り知らぬ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/川瀬

幼少期から多種多様な本を与えられて育ち、分からない言葉があれば辞書で引く癖がついていた。本を読み続けていく中で、細やかで表現力豊かな美しい日本語に魅了される。これまでの読書量を活かし、丁寧に言葉の意味を解説していく。

「与り知らぬ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「そのような事は与り知りません」などと、聞いた事はあるでしょうか。日常生活ではあまり聞き馴染みのない言葉なので、よく分からない方も多いでしょう。しかし、いざ目の前にした時に、意味を知らないと戸惑ってしまうかと思います。言葉の正しい意味と使い方を知る事は大切です。それでは早速「与り知らぬ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「与り知らぬ」の意味は?

「与り知らぬ」には、次のような意味があります。

関与しておらず、したがってその内情など知るよしもない、といった意味合いで用いられる表現。「与り知るところではない」のような言い回しも多く用いられる。

出典:実用日本語表現辞典「与り知らない」

「与り知らぬ」をもっと深く理解するためには、「あずかる」という言葉を知ることが大切です。「あずかる」とは、「与り知らぬ」のように「与る」と「関る」と漢字表記することができ、「ある物事にかかわりをもつ。関係する」「ある人物に関係・関与している」という意味を持っています。

そのため、「与り知る」とすると「ある物事・人物に関係していてそのことを知っている」という意味になり、「与り知らぬ」とすると「ある物事・人物に関係しておらず、そのことを知らない」という意味になるのです。

「与り知らぬ」の語源は?

次に「与り知らぬ」の語源を確認しておきましょう。正確には「与り知らぬ」の語源は不明ですが、前述でも紹介したように、「与り知る」という言葉から「与り知らぬ」という言葉が出来たと考えられます。「与り知る」が「ある物事・人物に関係していてそのことを知っている」という意味で、「与り知る」を打ち消して否定する「与り知らぬ」は、「その物事・人物に関係ないため知らない」という意味になるのです。

\次のページで「「与り知らぬ」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: