国語言葉の意味

【慣用句】「口を噤む」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

この記事では「口を噤む」について解説する。

端的に言えば口を噤むの意味は「黙る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んです。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「口を噤む」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻していた。普段の私(ライター)は物静かで口を噤むことの方が多い。しかし、紙の上やパソコンの画面上では雄弁だ。

「口を噤む」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「口を噤む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「口を噤む」の意味は?

「口を噤む」には、次のような意味があります。

1.(「つぐむ」が五段活用の場合)口を閉じて開かない。話すのをやめる。「言いかけて、あわてて—・む」
2.(「つぐむ」が下二段活用の場合)口をとがらせてものを言う。「—・めぬ者はなかりけり」〈太平記・二五〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)「口を噤(つぐ)・む」

前掲した辞書には2番の意味もありますが、「下二段活用の場合」とあるように、そちらは古語としての「口を噤む」です。よって、現代では1番の意味だけでも理解していれば良いでしょう。

口を噤む」(くちをつぐむ)とは、「口を閉じたまま開かない、話すのをやめる」という意味の慣用句です。「噤む」(つぐむ)という動詞自体にも、「口を閉じる、黙る」などの意味があります。

「口を噤む」の使い方・例文

「口を噤む」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「口を噤む」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: