国語言葉の意味

「はやる気持ち」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

その2「居ても立っても居られない」

「居ても立っても居られない」は、心がそわそわして落ち着いていられない状態をあらわす言葉です。「あまりの怒りに居ても立っても居られない」のように、カンカンに怒ったときなども使いますね。

「楽しみで楽しみで、居ても立っても居られない」と使うと「はやる気持ちが抑えられない」と同じような意味になります。どちらも「落ち着いていられない」「待ちきれない」という気持ちをあらわす表現ですね。

「はやる気持ち」の対義語は?

「はやる気持ち」の対義語は見つかりません。

「待ちきれなくなっている気持ち」の反対は「待ちきれなくなっていない気持ち」ですね。「気が長い」という意味の「悠長(ゆうちょう)」という言葉はありますが、「悠長」の対義語は「性急」であり、「せっかち」といった意味です。「はやる気持ち」の「楽しみで待ちきれない」というポジティブさを含めての対義語は見つかりません。

「はやる気持ち」の英訳は?

image by iStockphoto

「はやる気持ち」の英訳には「feeling of rush」を使います。

「feeling of rush」

「feeling」は「気持ち」、「rush」は「あわただしさ」という意味をあらわします。「feeling of rush」はつまり「あわただしい気持ち」。「はやる気持ち」の「あせっている」「落ち着かない」というニュアンスをあらわすことができます。

「はやる気持ちを抑えて」の場合は「force」であらわすことができますよ。例で確認しましょう。

I get the feeling of rush.
(私はわくわくした気持ちになります。= はやる気持ちでいます。)

I forced myself to speak calmly.
(私は落ち着いて話すようにした。= はやる気持ちを抑えて話した。)

 

\次のページで「「はやる気持ち」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: