ドイツナチスドイツプロセイン王国ヨーロッパの歴史世界史

「ニーチェ」って誰?人間と世界の関係を探究した哲学者の人生と思想について元大学教員が5分で解説

よぉ、桜木建二だ。フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェは、ドイツ・プロイセン王国出身の哲学者。人間と世界の関係について探求し、キリスト教中心の神学界に論争を巻き起こしたことでも知られている。教科書では「超人」というワードを聞くことが多いが、その意味を理解することはなかなか大変だ。

そこで、ニーチェが何を主張したのか、哲学界にどのような影響を与えたのか、彼の言葉や名言とあわせて世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

アメリカの歴史や文化を専門とする元大学教員。大学生のころニーチェに興味を持ち、演劇論の古典でもある「悲劇の誕生」の翻訳読破にチャレンジしたことがある。日本の若者にも圧倒的支持を受けていたニーチェ。彼の思想が現在、どんな意味を持つのが紹介したい。

ニーチェとはどのような人物?

image by PIXTA / 863728

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェは、これまでの哲学の価値観を破壊させた、最後は精神を病んで亡くなったなど、ラディカルなイメージが強い人物。実際はどんな人だったのでしょうか。

信心深い牧師を父に持つニーチェ

ニーチェが生れたのは1844年10月15日。プロイセン王国領にある小さな村で生を受けました。父親はカール・ルートヴィヒ。ルター派の裕福な牧師だったことから、ニーチェも将来は牧師になることが望まれていました。

ニーチェが父親と過ごした時間はたったの5年。父親は、誤って転んで頭を打ったことが原因で亡くなります。続いて弟も病気のために死去。父親の死去により収入が絶たれたニーチェは故郷を去って親戚の力を借りて生活することになります。

優秀な青年であったニーチェ

学校に通っていた時代のニーチェはとても多才。とくに音楽と国語に秀でていました。また、友だちの影響などもあり、スポーツ、音楽、絵画などの創作活動に励むという一面もありました。塾に通ってギリシア語ラテン語の基本を学んだのもこのころです。

ニーチェの多才ぶりを知ったドイツの名門校であるプフォルタ学院が、給費制として転学することをすすめてきます。ニーチェはプフォルタ学院にてさらに才能が開花しました。プフォルタ学院は全寮制の学校。そのため保守的なキリスト教世界から離れるきっかけにもなります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ニーチェは、プフォルタ学院にて古代ギリシアやローマの古典の基礎を学んだ。学問との出会いは牧師の一家で生まれ育ったニーチェがキリスト教の世界から距離を置くきっかけにもなる。彼の哲学的思想の基本はプフォルタ学院時代にあると言ってもいい。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke