国語言葉の意味

【慣用句】「気が小さい」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「気が小さい」について解説する。
端的に言えば「気が小さい」の意味は「ささいな事を気にする性質である、小心である」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んだ。一緒に「気が小さい」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
Ozean

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

ID: ↑パーツ内本文:95文字

「気が小さい」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 71788693

それでは早速「気が小さい」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:33文字

「気が小さい」の意味は?

「気が小さい」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:23文字

小さなことを気にする。小心である。気が細い。

出典:コトバンク

ID: ↑パーツ内本文:32文字

「気が小さい」は人が細かいことをいちいち気にして臆病である様子を表します。「気が小さい」は人の性格全体について用いることが多く、特定の行為の臆病さを意味しないことが多い。そのため「少額ずつ賭ける気の小さい賭け方」は誤用となり、正しくは「少額ずつ賭けるみみっちい(度胸のない)賭け方」となりますよ。

ID: ↑パーツ内本文:148文字

「気が小さい」の語源は?

次に「気が小さい」の語源を確認しておきましょう。「気が小さい」は「気持ちが小さい」から派生した言葉で、「気の小さい」とも言います。また「小さい」は大小を表す最も基本的な形容詞の一つ。「気が小っちゃい」とも言いますが、「ちっちゃい」は「ちいさい」の俗語的な表現で、日常会話で女性や子どもによく用いられます。ここで「気が小さい」人の特徴を挙げてみましょう。「小心者」「緊張しやすい」「不安を感じやすい」「ネガティブ思考」「自己肯定感が低い」「度量が小さい」「恋愛が苦手」「必要以上に失敗を恐れる」「リスク回避の傾向がある」「全て曖昧な態度」「周りの評価を気にする」などが考えられますが、すべて「気が小さい」人に当てはまるとも言い切れません。また、見方を変えれば短所は長所に変えることもできますよ。

ID: ↑パーツ内本文:346文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
Ozean