国語言葉の意味

【慣用句】「脇が甘い」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

「脇が甘い」の使い方・例文

「脇が甘い」の使い方について例文を挙げて解説していきます。この言葉は、たとえば以下のように用いられますよ。

1.その警備はわきが甘いので保証はできない。

2.わきが甘い経営で一時低迷した企業が、体制を整えたことで業績も回復した。

3.あの先生の採点はわきが甘く誤字脱字も多い。回答内容も信ぴょう性に欠けるんだよな。

例文1は対応に隙がある信頼できない警備会社であることがわかりますし、例文2は一致団結し経営を見直したことで、業界内でも勢力を拡大し成長し続けていることが伺えます。また、例文3からは生徒から漢字のミスを指摘される上に正確性の無い採点だと思われている、情けない教師であることが読み取れますよ。

「脇が甘い」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 66862580

「脇が甘い」と似たような意味をもつ言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「雑」

「雑」は細かいところまで行き届かず緻密でない様子を表す表現。「彼の仕事はざつで後始末がたいへんだ」は仕事が緻密でなくミスが多いという意味、「ざつな試合運びをして負けてしまった」は集中力に欠けいい加減だという意味、「このおもちゃはざつにできている」はつくりがずさんで壊れやすいという意味、「まだざつな企画書しかできていません」は大雑把で細かいところは考えていないという意味、「彼はざつな人間だ」は全体的に緻密さがなく無責任な行動の目立つ人間だという意味です。

「雑」は「あらい」や「あらっぽい」に似ていますが、「あらい」や「あらっぽい」よりももっと主観的で、緻密でないことに対する侮蔑の感じられる表現になっています。また「おおまか」にも似ていますが、「おおまか」にはプラスマイナスのイメージはありません。人間の性質について用いられた場合には「がさつ」に近い意味にもなりますが、「がさつ」では神経の粗雑さが強調され配慮の足りなさを暗示する点で、外に現れた粗末さを暗示する「雑」と異なります。ちなみに「脇が甘い」との違いは、「脇が甘い」は物事に対する態度・姿勢に厳格さが足りない様子を表すという点。

その2「そそっかしい」

「そそっかしい」は「彼女はそそっかしいから忘れ物が多い」や「彼はいつもそそっかしい間違いをする」などのように慎重さや落ち着きがたりない様子を表します人間の性質としての落ち着きのなさや思慮のたりなさを評する語であって、行為のあわただしさは意味しません。したがって、述語を修飾する場合でもそのような行為をする主体の性格を表す意味になり、行為のしかたに落ち着きがないという意味にはならないことが多いです。

「そそっかしい」は落ち着きのない性格をやや客観的に述べる語であって、対象に対する侮蔑や慨嘆などの感情は含まれていません。また「そそっかしい」は「せっかち」に似ていますが、「せっかち」が性急な行動を起こす性質を述べるニュアンスがあるのに対して、「そそっかしい」は落ち着きのなさや思慮のたりなさを暗示しますよ。なお「脇が甘い」との違いは、「脇が甘い」は程度が低く不十分である様子を表すという点です。

その3「せっかち」

「せっかち」は忍耐強くなくて性急に行動するような性質を表す形容詞人間の性質について用いることが多く、「せっかちに結論を出さなくてもいいじゃないか」や「来月刊行だなんて、ずいぶんせっかちな話だな」のように物について用いられる場合も、結論を出したり計画したりする人の行動から伺われる性質について述べていると見ることができます。この点が、客観的にみて落ち着きのない様子を表す「慌ただしい」や「気忙しい」と異なります。

「せっかち」は「忙しい」や「忙しない」に似ていますが、「忙しい」「忙しない」は行動そのものの忙しさについて否定的に述べるニュアンスがあるのに対して、「せっかち」はそのような行動を起こす原因となる性質にポイントのある点が異なりますよ。人間の忍耐強くない性質を表す意味では、「せっかち」は「気が短い」にも似ていますが、「気が短い」は忍耐強くない結果として怒りっぽいことを暗示するのに対して、「せっかち」には怒りっぽさの暗示はありません。そのため「父はせっかちですぐ怒る」は誤用となり、正しくは「父は気が短くてすぐ怒る」となります。ちなみに「脇が甘い」との違いは、「脇が甘い」は満足すべきではないという意味で使われるという点。

「脇が甘い」の対義語は?

「脇が甘い」と反対の意味に近い言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

「じっくり」

「じっくり」は時間をかけて十分に行う様子を表し、「腰を据えてじっくりと構想を練る」「進路について親子でじっくり話し合った」などのように単独でまたは「と」が付いて述語にかかる修飾語になります能動的な行為を時間をかけて十分に行う様子を表し、主体の意志・落ち着き・成熟の暗示がありますよ。また「じっくり」は「みっちり」に似ていますが、「みっちり」は一定期間、緊密に行動を持続する様子を表し、厳格・完璧・鍛錬の暗示があります。したがって「じっくり勉強する」は「時間をかけて急がずに」、「みっちり勉強する」は「百点を取るまで怠けずに」というニュアンスになりますよ。

\次のページで「「脇が甘い」の英訳は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: