この記事では「気が気でない」について解説する。
端的に言えば「気が気でない」の意味は「気にかかって落ち着いていられない」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「気が気でない」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「気が気でない」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 33210558

それでは早速「気が気でない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「気が気でない」の意味は?

「気が気でない」には、次のような意味があります。

ひどく気がかりである。気にかかって心が落ち着かない。気が心でない。

出典:コトバンク

「気が気でない」は心配なことがあって落ち着かない様子を表し述語で用いるのが最も一般的で修飾語として用いることは少ないです。したがって「試験の結果を気が気でなく思う」「気が気でない話を聞かされる」は誤用となり、正しくは「試験の結果が心配だ」「気がかりな話を聞かされる」となりますよ。

「気が気でない」の語源は?

次に「気が気でない」の語源を確認しておきましょう。語源は定かではありませんが、「気が気でない」は名詞「気が気」と打消しの「…でない」が組み合わさった表現です。

\次のページで「「気が気でない」の使い方・例文」を解説!/

「気が気でない」の使い方・例文

「気が気でない」の使い方について例文を挙げて解説していきます。この言葉は、たとえば以下のように用いられますよ。

1.受験後、合格をこの目で確かめるまではきがきでなかった。神様ありがとう!

2.君が秘密をもらすんじゃないかときがきでなかった。

3.娘の将来を考えるときがきでない。

例文1のように合格発表の日までは気もそぞろで、神様にお祈りをしていた人も多いのではないでしょうか。例文2は秘密を口外されることが気がかりで、相手の反応を日々伺っている場面が想像できますね。また、例文3からは少し過保護な親であることが伝わってくるでしょう。

「気が気でない」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 39577047

「気が気でない」と似たような意味をもつ言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「気づかわしい」

「気づかわしい」は「母の病状がきづかわしい」や「母犬はよちよち歩きの子犬をきづかわしげに見守った」などのように気がかりで心配な様子を表しますとても文章語的で日常会話ではあまり用いられません。「気づかわしい」はさまざまのものについてただ漠然と心配しているのではなく、弱かったり不安定だったりして先行きがあやぶまれるものについて危惧する暗示があります。したがって、結果に大きな違いの出ないもの、それほど重大な損失が懸念されないものにてついて用いることは稀。また「気づかわしい」は「気が気でない」に似ていますが、「気が気でない」にある不安・焦燥までは暗示されていません。そのため「秘密をもらすんじゃないかと気づかわしかった」は誤用となり、正しくは「秘密をもらすんじゃないかと気が気でなかった」となります。

\次のページで「その2「ひやり」」を解説!/

その2「ひやり」

「ひやり」は危険を回顧して一瞬恐怖を感じる様子を表す擬態語。「路地から子供が飛び出してきてひやりとした」は「と…する」が付いて述語になりますし、「毎日ひやりとするようなニアミスが起きている」は「と…するような」が付いて名詞にかかる修飾語になりますし、「パイロットのヒヤリハット体験をまとめる」は「ヒヤリハット体験」の形で名詞を作ります。ある危険な出来事の直後に主体が一瞬恐怖を感じる様子を表し、実際に深刻な事態には至っていないが危惧・不安の暗示がありますよ。なお「気が気でない」との違いは、「気が気でない」は心配なことがあって落ち着かない様子を表すという点です。

その3「ぎょっ」

「ぎょっ」は一瞬非常に驚く様子を表しますよ。例えば「暗闇で突然大きな物音がしてぎょっとした」や「彼は証拠を見せられぎょっとなって青ざめた」などのように「と…する」が付いて述語になることが多いです。「俺、マコと結婚するよ。ギョギョッ」は感動詞の用法で、主に若い人がくだけた日常会話で用います予想外の好ましくない物事に接して非常に驚く様子を表し、しばしばそのあとの行動が停止している暗示があるでしょう。一瞬の強い驚きを表す語としては他に「どきっ」や「びくっ」などがありますが、「どきっ」は心臓が一回強く鼓動する様子を表し驚きと衝撃の暗示がありますし、「びくっ」は驚きとともにおびえの暗示があります。ちなみに「気が気でない」との違いは、「気が気でない」は心配なことがあって落ち着かない様子を表すという点。

「気が気でない」の対義語は?

「気が気でない」と反対の意味に近い言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「揺るぎない」

「揺るぎない」は動かずに安定している様子を表し、「地道な努力でゆるぎない地位を築く」「業務提携によって、われわれの関係はゆるぎないものになるだろう」などのように抽象的なものについて用いることが多く、具体物が不動であるという意味ではあまり用いられません。したがって「このビルは基礎が揺るぎないから地震でも安心だ」は誤用となり、正しくは「このビルは基礎がしっかりしているから地震でも安心だ」となります。安定して動かない対象は好ましいものであることが多く、好ましくない対象が停滞しているという意味では用いられません。そのため「ここ数年彼の進歩は揺るぎない」は誤用となり、正しくは「ここ数年彼の進歩は止まっている」となります。

その2「心やすい」

「心やすい」は気心が知れていて安心な様子を表す形容詞。「彼女とはこころやすくつきあっています」は気心が知れている結果、懇意にしているという意味、「君には何でもこころやすく頼めるからありがたい」は気軽で気安いという意味、「万一のときは私が責任をもちますから、どうぞおこころやすくお思いになってください」は「こころやすく思う」(しばしば命令や希望の表現になる)という形で用いられ、安心するという意味です。

「心やすい」は「気安い」によく似ていて多くの場合同じように使われますが、「気安い」がどちらかといえば問題となる事柄について深く考えていないというニュアンスを持つのに対して、「心やすい」は安心しているというニュアンスをもつという違いがありますよ。したがって「心やすく頼む」は「安心して任せられる」、「気安く頼む」は「深く考えずに任せる」、「彼には心やすく近づかないほうがいい」は「彼は油断がならない」、「彼には気安く近づかないほうがいい」は「彼に対して失礼になるかもしれない」というニュアンスになります。

\次のページで「「気が気でない」の英訳は?」を解説!/

「気が気でない」の英訳は?

image by PIXTA / 33210391

「気が気でない」の英訳にはどのようなものがあるのでしょうか。英語で「気が気でない」と言い表す時の例をさっそく見ていきましょう。

「in suspense」

「in suspense」は「気が気じゃない、気が気でない、一喜一憂しながら、はらはらしながら」という意味です。「I'm worried that I'm going to be late for work in suspense」で「会社に遅刻するのではないかと思うと気が気でない」、「I can't help but wonder if the field day will be canceled in suspense」で「運動会が中止になるかと思うと気が気でない」と表現することができますよ。

「気が気でない」を使いこなそう

この記事では「気が気でない」の意味・使い方・類語などを説明しました。「気が気でない」は心配なことがあって落ち着かない様子を表す表現だと解説しましたね。また「気が気でない」には心配と不安・焦燥の心理がミックスされていて、悪い結果を予想するニュアンスがあります。したがって結果が不明なものについては用いられず「悪い結果を予想して」というニュアンスの言葉を伴うことが多いです。そのため「娘の将来が気が気でない」は誤用となり、正しくは「娘の将来を考えると(悪い将来になるのではないかと予想されて)気が気でない」となります。ニュアンスの違いを正しく理解しましょう。

" /> 【慣用句】「気が気でない」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「気が気でない」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

この記事では「気が気でない」について解説する。
端的に言えば「気が気でない」の意味は「気にかかって落ち着いていられない」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「気が気でない」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「気が気でない」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 33210558

それでは早速「気が気でない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「気が気でない」の意味は?

「気が気でない」には、次のような意味があります。

ひどく気がかりである。気にかかって心が落ち着かない。気が心でない。

出典:コトバンク

「気が気でない」は心配なことがあって落ち着かない様子を表し述語で用いるのが最も一般的で修飾語として用いることは少ないです。したがって「試験の結果を気が気でなく思う」「気が気でない話を聞かされる」は誤用となり、正しくは「試験の結果が心配だ」「気がかりな話を聞かされる」となりますよ。

「気が気でない」の語源は?

次に「気が気でない」の語源を確認しておきましょう。語源は定かではありませんが、「気が気でない」は名詞「気が気」と打消しの「…でない」が組み合わさった表現です。

\次のページで「「気が気でない」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: