国語言葉の意味

【慣用句】「気が早い」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者わかりやすく解説!

この記事では「気が早い」について解説する。
端的に言えば「気が早い」の意味は「先を急いでせかせかする性質、せかっち」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「気が早い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「気が早い」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 46787416

それでは早速「気が早い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「気が早い」の意味は?

「気が早い」には、次のような意味があります。

性急である。せっかちである。気短である。

出典:コトバンク

「気が早い」は慣用句で、時機を待てずに性急に行動する様子を表します。「せっかち」などに近い意味を持ちますが、「気が早い」に表される性急さは「せっかち」ほど程度が大きくなく、マイナスイメージも少ないですよ。そのため「彼は気の早い男だ」は「先回りして行動する」、「彼はせっかちな男だ」は「待っていられない」というニュアンスになります。

「気が早い」の語源は?

次に「気が早い」の語源を確認しておきましょう。語源ははっきりとは分かっていませんが、「早い」は時間・速度に関する基本的な形容詞の一つ。この場合の「早い」は時間・速度ではなく、人の性格について表した表現になります。

\次のページで「「気が早い」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: