国語言葉の意味

【ことわざ】「開いた口へ餅」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「開いた口へ餅」について解説する。

端的に言えば開いた口へ餅の意味は「思いかげない幸運に恵まれること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「開いた口へ餅」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「開いた口へ餅」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「開いた口へ餅」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

開いた口へ餅」(あいたくちへもち)は、時々耳にすることわざですね。「開いた口へ牡丹餅」(あいたくちへぼたもち)とも言います。「ぼた餅」と言えば「棚からぼた餅」と言うことわざもありますね。二つのことわざに関連はあるのでしょうか。

それでは早速「開いた口へ餅」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「開いた口へ餅」の意味は?

まず初めに「開いた口へ餅」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「開いた口へ餅」には、次のような意味があります。

1.思いがけなく幸運が到来すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「開いた口へ餅」棚からぼた餅。

「開いた口へ餅」は、努力もせず思いがけない幸運が巡ってくる、と言う意味です。

棚からぼた餅」と言うことわざの方が、より一般的に知られていると思いますが、「開いた口へ餅」も、まったく同じ意味を持っています。最近では「棚からぼた餅」を略して「たなぼた」などと言ったりもしますね。

「開いた口へ餅」の語源は?

次に「開いた口へ餅」の語源を確認しておきましょう。

前述しましたが「開いた口へ餅」は、「開いた口へぼた餅」という言い方もあります。「ぼた餅」と言うのは、和菓子のおはぎのことですね。

そして、棚の下で口を開けて寝ていると棚の上からぼた餅が落ちてきてちょうど口に入る、と言う例え話で、努力もせず思ってもみない幸運が舞い込むことを「開いた口へ餅」と言うようになったのです。ぼた餅は、江戸時代当時は庶民のごちそうでした。寝ているだけで美味しいおはぎが勝手に口に入ってくると言う表現で、ありえない運の良さを表現しているのでしょう。

「棚からぼた餅」もまた、同じ由来を持つ言葉で、言い回しが違うだけです。一緒に覚えておきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: