この記事では「船を漕ぐ」について解説する。

端的に言えば「船を漕ぐ」の意味は「居眠りをすること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んです。一緒に「船を漕ぐ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「船を漕ぐ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「船を漕ぐ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「船を漕ぐ」の意味は?

「船を漕ぐ」には、次のような意味があります。辞書や辞典で正確な内容を確認しましょう。

1.座ったまま身体を前後に揺らして居眠りをする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「船を漕ぐ」

ぽかぽか陽気の昼下がり。椅子に腰かけながらうつらうつら、こっくりこっくり、ウトウトと居眠りをした経験はあるでしょうか。「船を漕ぐ」とは「座ったり立ったりした状態のままでうとうと居眠りをすること」の意。読み方は「ふねをこぐ」です。学校の授業中に居眠りをしてしまい体がゆらゆら揺れている生徒。電車の中で座席に座りながら体を揺らして居眠りする人などを示す言葉が「舟を漕ぐ」です。

「船を漕ぐ」は「座った姿勢や腰掛けながら眠っている姿を意味すること」がポイント。布団やソファで横になった状態で眠っている場面では使うことはほとんどないでしょう。ポイントをしっかりとおさえておきたいですね。

「船を漕ぐ」の語源は?

次に「船を漕ぐ」の語源を確認しておきましょう。授業中に前に座っているクラスメイトが居眠りしている姿を想像してみましょう。人は居眠りをすると支える力がなくなり頭や体が倒れそうになります。また、完全に倒れてしまわないように体を起こそうとする本能が無意識に働きますよ。このような「体が前後に揺れている光景が船頭が船を漕ぐ様子に似ていること」から転じて「船を漕ぐ」=「居眠りしているさま」を示すようになったとされていますよ。人間の体の動きをとてもうまく表現したことわざですね。

\次のページで「「船を漕ぐ」の使い方・例文」を解説!/

「船を漕ぐ」の使い方・例文

「船を漕ぐ」の使い方を例文を使って見ていきましょう。このことわざは、たとえば以下のように用いられます。

1.彼女は残業続きで疲れていたのだろう。帰りのバスで船を漕いでいた
2.昼食の後の講義は船を漕いでいる生徒が多い。
3.祖父は椅子に腰かけ本を読んでいたが、途中でうつらうつらと船を漕いでいた。

「船を漕ぐ」の使い方を例文から学びましょう。例文1は「仕事帰りのバスで居眠りをしている場面」を示しています。残業でとても疲れていることが伝わってきますね。例文2は「午後からの講義は居眠りをしている生徒が多い様子」を表しています。昼食後の授業は眠くなってしまいますよね。

例文3は「祖父が本を読みながらうたた寝をしている光景」を説明していますよ。ぽかぽかと温かな昼下がりの光景なのかもしれませんね。「船を漕ぐ」は普段の生活でとても使いやすいことわざの1つでしょう。様々な場面で使用してみて下さいね。

「舟を漕ぐ」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「舟を漕ぐ」の類義語にはどのような言葉が考えられるのでしょうか。今回は2つご紹介します。一緒に確認しましょう。

その1「うたた寝」

「船を漕ぐ」の類義語には「うたた寝」が考えられるでしょう。「うたた寝」とは「眠るつもりがないままうとうとと眠ってしまうこと」の意。漢字では「転寝」と表記します。「船を漕ぐ」は「座りながら寝てしまうこと」を意味していましたね。一方、「うたた寝」は「ソファなどに横になって何となく寝てしまうこと」の意。「船を漕ぐ」も「うたた寝」も「意識的な眠りではないこと」は共通していますが、眠っている姿が異なっていることがポイントです

使い方を例文から学びましょう。例文1は「父がテレビでサッカーを観戦している時にソファで眠ってしまっている状況」を示しています。ソファで横になって眠っている光景が目に浮かびますね。例文2は「ベッドで本を読んでいたらいつの間にか寝てしまっていた場面」を表しています。気づいたら夕方になっており驚いている様子が伺えますね。「船を漕ぐ」と「うたた寝」のニュアンスの違いを味わってくださいね。

\次のページで「その2「まどろむ」」を解説!/

1.父はサッカーの試合を見ながら、ソファでうたた寝していた。

2.私はベッドに横になって本を読んでいたが、いつの間にかうたた寝をしていた。起きたら夕方だった。

その2「まどろむ」

「船を漕ぐ」の類義語には「まどろむ」も考えられるでしょう。「まどろむ」とは「少しの間うとうとと眠ること」の意。漢字では「微睡む」と表記します。電車の移動中や休憩時間にだんだんと眠りに入り、少しの間だけ眠るというニュアンスを示す表現です。

また、「まどろむ」は日本で作られた大和言葉のひとつ。言葉の響きの美しさから小説や歌詞などで心地よい眠りを描写する時に使用されることが多いこともポイントです。美しい日本語として知っておきたい言葉ですね。

「船を漕ぐ」の対義語は?

「船を漕ぐ」の対義語はありません。

「船を漕ぐ」の英訳は?

image by iStockphoto

「船を漕ぐ」は英語でどのように表現するのでしょうか。キーワードとなる英単語を一緒にチェックしましょう。

「nod off」

「船を漕ぐ」は「nod」を使って英語訳できるでしょう。「nod」とは「うなずく・会釈する・うとうとする・居眠りする」の意。「nod off」で「居眠りをする」という意味を表しています。使い方を例文から学びましょう。例文1は「上司が会議で居眠りをしていた場面」を表しています。少し疲れていたのかもしれませんね。「in a meeting」は「会議中に」という意味を示していますよ。例文2は「彼は徹夜で勉強したので午前中の講義で居眠りをしていた状況」を表してます。ここでは「he worked all night」は「徹夜で勉強した」という意味を言い表していますよ。「nod off」の使い方をマスターして下さいね。

1.My boss noded off in a meeting.
(上司は会議中に船を漕いでいた。)

2.Since he worked all night,he was nodding off in class this morning. 
(彼は徹夜で勉強したので、午前中の講義で船を漕いでいた。)

\次のページで「「船を漕ぐ」を使いこなそう」を解説!/

「船を漕ぐ」を使いこなそう

この記事では「船を漕ぐ」の意味・使い方・類語などを説明しました。日本語には「船」が使われていることわざや慣用句はたくさんあります。また、「眠る」ことに関することわざや慣用句も数多く存在しますよ。さらなるボキャブラリーの向上を目指しどんな日本語表現があるのかこれを機会に辞書や辞典で調べてみましょう。

" /> 【ことわざ】「船を漕ぐ」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【ことわざ】「船を漕ぐ」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「船を漕ぐ」について解説する。

端的に言えば「船を漕ぐ」の意味は「居眠りをすること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んです。一緒に「船を漕ぐ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「船を漕ぐ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「船を漕ぐ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「船を漕ぐ」の意味は?

「船を漕ぐ」には、次のような意味があります。辞書や辞典で正確な内容を確認しましょう。

1.座ったまま身体を前後に揺らして居眠りをする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「船を漕ぐ」

ぽかぽか陽気の昼下がり。椅子に腰かけながらうつらうつら、こっくりこっくり、ウトウトと居眠りをした経験はあるでしょうか。「船を漕ぐ」とは「座ったり立ったりした状態のままでうとうと居眠りをすること」の意。読み方は「ふねをこぐ」です。学校の授業中に居眠りをしてしまい体がゆらゆら揺れている生徒。電車の中で座席に座りながら体を揺らして居眠りする人などを示す言葉が「舟を漕ぐ」です。

「船を漕ぐ」は「座った姿勢や腰掛けながら眠っている姿を意味すること」がポイント。布団やソファで横になった状態で眠っている場面では使うことはほとんどないでしょう。ポイントをしっかりとおさえておきたいですね。

「船を漕ぐ」の語源は?

次に「船を漕ぐ」の語源を確認しておきましょう。授業中に前に座っているクラスメイトが居眠りしている姿を想像してみましょう。人は居眠りをすると支える力がなくなり頭や体が倒れそうになります。また、完全に倒れてしまわないように体を起こそうとする本能が無意識に働きますよ。このような「体が前後に揺れている光景が船頭が船を漕ぐ様子に似ていること」から転じて「船を漕ぐ」=「居眠りしているさま」を示すようになったとされていますよ。人間の体の動きをとてもうまく表現したことわざですね。

\次のページで「「船を漕ぐ」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: