国語言葉の意味

「下卑た」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「下卑た」の使い方・例文

「下卑た」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.あの子は、決してそんな下卑た子供ではありません。身体の不自由な妹のために、ああして苦労しているのでしょう。
2.彼はいつもお金に関する下卑た話ばかりしていて、一緒に居ても退屈だ。
3.〇〇さんの顔は、彼女とは比べものにならなくらい醜く、下卑ていた。

これらの例文について、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

「下卑た」には、「意地汚いこと」などのマイナスな意味がありますが、例文1のように「ありません」と打ち消すような言葉をつけて使う事も可能です。例えば例文1のように、「下卑た子供ではありません」とすると「あの子供は卑しい子供ではありません」となります。

例文2の「下卑た話」は、「下卑た」の言い回しの1つです。「お金に関する下卑た話ばかり」とすると、「彼は意地汚くお金の話しばかり」という意味になります。

例文3の、「〇〇さんの顔は下卑ていた」も、言い回しの1つです。「〇〇さんの下卑た顔」とすると、「〇〇さんの顔は、意地汚い顔付きで」という意味になります。これは外見上の話しであり、かならずしも内面的な部分にまで言及しているわけではありません。

「下卑た」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「下卑た」には「卑しい」「下品な」「意地汚い」といった意味の言い回しという意味がありました。そんな「下卑た」の類義語についても見ていきましょう。

「卑下」

「下卑た」と似てる言葉で、「卑下」という言葉がよく挙げられます。「下卑」と「卑下」、これら2つは似ていますが、全く意味は異なるのです。

「下卑た」は前述でも見てきた通り、「卑しい」「下品な」「意地汚い」といった意味の言い回しになります。一方で、「卑下」とは「自分をあえて低い位置に引き下げてへりくだること。」という意味です。主に他人に対して使われる「下卑た」と違い、「卑下」は自分をあえて人よりも劣っている事を表現します。

\次のページで「「下卑た」の対義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: