国語言葉の意味

「席を外す」の意味や使い方は?例文や類語読書好きWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「席を外す」について解説する。

端的に言えば席を外すの意味は「持ち場を離れる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験したAYAを呼んだ。一緒に「席を外す」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「席を外す」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説。

「席を外す」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

今回はオフィスなどで良く使われる「席を外す」というビジネス用語にスポットを当ててみました。「席を外す」と「不在」はどう違うの?「席を外す」・「席を立つ」・「席を離れる」は同じじゃないの?似たような表現もたくさんあり社内の人と外部の人に言うのは、敬語も変わってくるからビジネス用語は難しいですよね。そんな疑問がいっぱいの「席を外す」について詳しく解説していきます。

それでは早速「席を外す」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「席を外す」の意味は?

「席を外す」には、次のような意味があります。

1.自分の定位置を一時的に離れるさま。
2.所用のために篠場から離れるさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「席を外す」

「席を外す」とは、人が自分の定位置から一時的に離れることを指す言葉ですよ。主にビジネスの場で用いられ、「席を取り外す」ことではありません。お手洗いに行く場合や他部署にちょっと行く時などが「席を外す」行為ですよ。ここで注意したいのが、「一時的に」という点です。曖昧な感覚ではありますが、数分から数十分の「少しの間席を離れる」の意味合いなので、半日予定されている勉強会や終了時間未定の会議などの時は適しませんよ。

「席を外す」の使い方・例文

「席を外す」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3
Share: