国語言葉の意味

「一介の」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

この記事では「一介の」について解説する。

端的に言えば一介のの意味は「ひとりの」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んです。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「一介の」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。小中学生の頃は、王様にも総理大臣にも、何にでもなれると夢見がちだった。今では一介の小市民に収まっている。

「一介の」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一介の」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一介の」の意味は?

「一介の」には、次のような意味があります。

一つのつまらないもの。「一介の学生」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一介」

まず、「一介の」は「いっかいの」と読みます。「介」が付くので、「一介」を人名のように「いちすけ」などと読んではいけません。「介護」(かいご)や「介在」(かいざい)などで目にするため、「介」を「かい」と読むのはそれほど難しくはないでしょう。

「一介」の意味は「1つのつまらないもの」です。集団の中の1個のものに過ぎないということを表します。そして、「一介」だけで使われることはほとんどありません。後ろに「の」が付く「一介の」という形で、「取るに足りない、つまらない」という意味の形容詞として使われます。

「一介の」の語源は?

次に「一介の」の語源を確認しておきましょう。

「介」に似たもので、「个」(か)というものがあります。「個」や「箇」と同じ意味ですが、「1ヶ月、2ヶ月」の「ヶ」のもととなった字と言った方が分かりやすいでしょうか。そして、「介」がこの「个」という字に通じ、「一」と合わさることで「一人」の意味になるというものです。

または、「介」が「芥」(あくた)にも通じるという説もあります。「芥」といえば「芥川龍之介」や「芥川賞」でしか聞いたことがない人も多いでしょう。この「芥」には、「ごみ、くず」という意味があります。ゴミのように小さいという意味が「一介」の「介」にも付随しているということです。

\次のページで「「一介の」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: