国語言葉の意味

「海の物とも山の物ともつかぬ」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「海の物とも山の物ともつかぬ」について解説する。

端的に言えば海の物とも山の物ともつかぬの意味は「実際にどのようなものかわからない、得体のしれないもの」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んだ。一緒に「海の物とも山の物ともつかぬ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「海の物とも山の物ともつかぬ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「海の物とも山の物ともつかぬ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。この言葉の読みは「うみのものともやまのものともつかぬ」です。「海の物とも山の物ともつかない」を文語的に表現したものですので、意味や語源、使い方については「海の物とも山の物ともつかない」に準じて解説をしていきます。

「海の物とも山の物ともつかぬ」の意味は?

「海の物とも山の物ともつかぬ」には、次のような意味があります。

物事の正体・本質がつかめず、将来どうなっていくか見当のつかないたとえ。海とも山とも知れず。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「海の物とも山の物ともつかない」

「海の物とも山の物ともつかぬ」は「物事の正体・本質がつかめず、将来どうなっていくか見当のつかないたとえ」となります。実際にどういうものなのかが判別しにくいものに対して使われる言葉です。また、分からないがゆえに将来的にどうなっていくのかの予測さえもたたないということになります。物体だけではなく人物などにも使うことができますが、「わからないもの」という点ではネガティブですが、将来像や結果までネガティブだということは断言していません。例えば、始まったばかりの事業や、創設されたばかりの学校、入ってきたばかりの社員などを指して使われることがあります。

「海の物とも山の物ともつかぬ」の語源は?

次に「海の物とも山の物ともつかぬ」の語源を確認しておきましょう。物や人のルーツがどこにあるのかということから、ある程度どういう素性であるのかが分かるということはあります。たんぱく質が取れそうだと思う食材でも、それが魚なのか獣の肉なのか。あるいは、食べられそうな植物だが、きのこなのか海藻なのかなどです。「海の物とも山の物ともつかぬ」はそうした判別がつかないために、得体が知れず、どういう結果を招くものなのかが見当もつかないという意味となります。

\次のページで「「海の物とも山の物ともつかぬ」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: