国語言葉の意味

【慣用句】「手を差し伸べる」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「手を差し伸べる」について解説する。

端的に言えば手を差し伸べるの意味は「援助する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んだ。一緒に「手を差し伸べる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

kohki

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「手を差し伸べる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手を差し伸べる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「手を差し伸べる」の意味は?

「手を差し伸べる」には、次のような意味があります。

相手の方へ手を伸ばす動作や様子を表す言い回し。主に「援助する」「助ける」といった意味で用いられる。「救いの手を差し伸べる」のように、「~の手を差し伸べる」という形をとることが多い。

出典:実用日本語表現辞典(weblio辞書)

「手を差し伸べる」とは文字どおり相手方に手を差し出すことです。手を出して誰かを引っ張り上げる様子から、人を助ける、援助するという意味になりました。普通「手を差し伸べる」を使うときは「生活困窮者に救いの手を差し伸べる」「発達途上国に援助の手を差し伸べる」のように「手を差し伸べる」の前に対象となんらかの助ける手段が置かれます。

「手を差し伸べる」の語源は?

次に「手を差し伸べる」の語源を確認しておきましょう。手を差し伸べる様子を想像してもらえばわかるでしょうが、例えば今にも崖から落ちようとしている人を救助しようとするときには手を差し伸べますね。そのように誰かを助けようとする場合に使われるようになりました。それが転じて実際に手を差し伸べる動作はしなくても人を援助するときに「手を差し伸べる」と言うようになったのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kohki