国語言葉の意味

「後腐れ」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「後腐れ」について解説する。

端的に言えば後腐れの意味は「問題があとを引く」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んです。一緒に「後腐れ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「後腐れ」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

「後腐れ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「後腐れ」という言葉をご存じでしょうか?割と見聞きするのではないかと思うのですが、どういったシーンでどのように用いるのが正しいのか、今回は「後腐れ」について詳しく解説していきます。

それでは早速「後腐れ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「後腐れ」の意味は?

「後腐れ」には、次のような意味があります。

物事が済んだあとでもスッキリと解決せず、問題が後を引くこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「後腐れ」

「後腐れ」とは「あとくされ」と読み、「物事がスッキリと解決せずに問題が後を引くこと」の意。物事が綺麗に片付かずに、問題や悪影響が残ることを指しますよ。よく男女間で「後腐れのない関係」などと使いますが、後になって腐らない・引きずらないさっぱりとした関係、ということになりますね。注意したいのが「後腐れ」の意味は「問題が後を引くこと」ではありますが、「後腐れがない」という表現はしても「後腐れがある」という言い方はしないので気を付けましょう。

「後腐れ」の使い方・例文

「後腐れ」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「後腐れ」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: