国語言葉の意味

【故事成語】「人口に膾炙する」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「人口に膾炙する」について解説する。

端的に言えば人口に膾炙するの意味は「広く知れ渡る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「人口に膾炙する」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「人口に膾炙する」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「人口に膾炙する」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「人口に膾炙する」の意味は?

「人口に膾炙する」には、次のような意味があります。

世間の人々の話題・評判となって、広く知れ渡る。

出典:明鏡国語辞典第三版(大修館書店)「人口に膾炙する」

「人口に膾炙する」の「人口」は「じんこう」そして「膾炙」の読み方は「かいしゃ」です。「膾」は「なます」と読み「炙」には「あぶる」「焼く」などの意味があります。「膾」はもともと細切りの生肉・生魚のことを指していました。古代中国の春秋時代には、これらにネギやからし菜などの薬味や酢をつけて食べており、料理法としては有名なものです。

一方日本では生肉を細かく刻んだものを「膾」と言いました。「なます」は「生肉(なましし)」や「生切(なますき)」が転じたものと言われています。「炙」は火であぶった肉、いわゆる焼き肉のことです。

「人口に膾炙する」の語源は?

次に「人口に膾炙する」の語源を確認しておきましょう。まず「人口」とは「人の口」のことです。「膾炙」は、なますとあぶった肉のことで、どちらも古代中国ではおいしい料理として人気がありました。

唐の詩人・林嵩(りんすう)の著作『周朴詩集序』に「一編一詠、膾炙人口」の一節があります。「どの文章や詩も、世の中で広く話題になった」という意味で、それがなますやあぶった肉のように人々の間で評判を呼び、人気のあるものを表すようになりました。

\次のページで「「人口に膾炙する」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: