この記事では「勧学院の歩み」について解説する。

端的に言えば、勧学院の歩みの意味は「平安時代、慶事に学生一同が整列して練り歩いたこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「勧学院の歩み」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「勧学院の歩み」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「勧学院の歩み」の意味や語源・使い方を、見ていきましょう。

「勧学院の歩み」の意味は?

「勧学院の歩み」は、慣用句・ことわざに分類される用語・熟語です。次のような意味があります。

平安時代、藤原氏の氏の長者の家に慶事があったとき、勧学院の学生一同が整列し、練り歩いて、慶賀に赴いたこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「勧学院(かんがくいん)の歩み」

「勧学院の歩み」の読み方は、かんがくいんのあゆみ。この言葉の意味は、平安時代に遡ります。

平安時代に栄華を極めた藤原氏一族。その藤原氏の長者の家に慶事があった際、勧学院の学生が一同に整列して練り歩き、慶事に赴いたことを「勧学院の歩み」と言いました。

勧学院とは、どんな施設だったのか。これについては、次に解説します。

「勧学院の歩み」の語源は?

次に、「勧学院」の語源を確認しておきましょう。

勧学院とは、平安時代にあった大学別曹(だいがくべっそう)の1つ。藤原氏の子弟を教育するため、弘仁12年(821)、藤原冬嗣が創立した教育施設です。大学別曹は、大学寮の付属機関(公認寄宿施設)でした。

そして、藤原冬嗣は、平安初期の公卿であり、嵯峨天皇の信任を得て蔵人所(くろうどどころ)を設置して蔵人頭となって以後、要職を歴任し、勧学院を設けた人物です。

平安時代以降、延暦寺や東大寺などの大きな寺院に設けられた僧侶の教育機関も、勧学院と言われました。

\次のページで「「勧学院の歩み」の使い方・例文」を解説!/

「勧学院の歩み」の使い方・例文

「勧学院の歩み」の使い方を、例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.平安時代、藤原氏に大慶事があると、勧学院の学生たちは練歩してその邸宅に赴き、祝辞を述べたことを「勧学院の歩み」と言う。
2.勧学院の歩みに関連して、日本の子どもたちの教育について紹介されていた。
3.職場の人間が夫婦になったことで、まるで勧学院の歩みのごとく、祝辞を述べるために一斉に向かって行った。
4.「勧学院の歩み」という単語や用例などを調べるため、図書館に足を運んで辞書や国語辞典、広辞苑を調べた。

それでは、それぞれの例文について、順番に解説していきます。

例文1は、「勧学院の歩み」という言葉自体の意味の説明をした文章表現。例文2は、勧学院がかつて教育機関だったことを踏まえて用いられています。

そして、例文3は、一同合わせて一斉に祝辞を言いに行く様子として使われた文章。例文4は、勧学院の歩みという言葉を調べる目的という文章で使われています。

「勧学院の歩み」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

次に、「勧学院の歩み」について、類義語を確認します。

「勧学院」が、平安時代に藤原氏が創設した教育機関という固有名詞であり、その後、大寺院の教育機関としてもその名称が使われたものの、それ以上のことはないため、「勧学院の歩み」についてもはっきりとした類義語はありません。

ただ、勧学院に関連し、「勧学院の雀は蒙求を囀る」ということわざがあり、これについて、次に解説します。

「勧学院の雀は蒙求を囀る」

勧学院が入ったことわざに「勧学院の雀は蒙求を囀る」があります。

「勧学院の雀は蒙求を囀る」の読み方は、「かんがくいんのすずめはもうぎゅうをさえずる」です。勧学院の軒端の雀(すずめ)は、学生が「蒙求」を読むのを聞き習い、それをさえずるという意味。

つまり、常に見たり聞き慣れたりしていると、自然に覚えるというたとえ(ことわざ)となります。同義語として「勧学院の雀」「門前の小僧習わぬ経を読む」など。

ちなみに、「蒙求」(もうぎゅう)は、伝統的な中国の初学者向け教科書で、日本でも平安時代以来、長期にわたって使用されました。

\次のページで「「勧学院の歩み」の対義語は?」を解説!/

「勧学院の歩み」の対義語は?

続いて、「勧学院の歩み」の対義語(反対語)についてですが、これもはっきりとした言葉は存在しません。

ちなみに、「歩み」とは、歩むことや足並みのほか、物事の進み方、歩調や歴史・推移などを表現することもあります。

敢えて反対の意味というと、歩みを止める、となるのかもしれません。

「勧学院の歩み」の英訳は?

image by iStockphoto

さらに、「勧学院の歩み」について、英訳についても、確認しておきましょう。

「勧学院の歩み」を英語で直訳すると、History of Kangakuin です。

「History of Kyougakuin」

「勧学院の歩み」を英語にそのまま訳した場合、History of Kangakuin が正しいです。

ただ、History は「歴史」と言う意味に近く、勧学院の学生が一同に練り歩いて祝辞を述べに行くのとは、意味合いがやや異なります。

この「歩み」に近い意味の単語としては、walk、walking、walk、step、pace、rate、gait、pace など。これに「of Kangakuin」を付けると、いずれも「勧学院の歩み」となります。

念のため、例文をいくつか見ておきましょう。

・Kangakuin was the facility (boarding school) owned by the Fujiwara clan,

勧学院は、藤原氏の施設であった。

・It resembles Kangakuin Kyakuden (guest hall) in scale, design and so on.

規模や意匠などが、勧学院客殿と似ている。

・encouragement of learning

勧学

「勧学院の歩み」を使いこなそう

この記事では「勧学院の歩み」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「勧学院の歩み」は、勧学院は平安時代に藤原氏によって創設された教育機関であり、藤原氏に慶事があると勧学院の学生たちが一同に並んで藤原氏の邸宅まで練り歩き、祝辞を述べに行った、この意味に尽きます。

合わせて、「勧学院の雀は蒙求を囀る」ということわざもあるので、覚えておきましょう。

" /> 【慣用句】「勧学院の歩み」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「勧学院の歩み」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

この記事では「勧学院の歩み」について解説する。

端的に言えば、勧学院の歩みの意味は「平安時代、慶事に学生一同が整列して練り歩いたこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「勧学院の歩み」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「勧学院の歩み」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「勧学院の歩み」の意味や語源・使い方を、見ていきましょう。

「勧学院の歩み」の意味は?

「勧学院の歩み」は、慣用句・ことわざに分類される用語・熟語です。次のような意味があります。

平安時代、藤原氏の氏の長者の家に慶事があったとき、勧学院の学生一同が整列し、練り歩いて、慶賀に赴いたこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「勧学院(かんがくいん)の歩み」

「勧学院の歩み」の読み方は、かんがくいんのあゆみ。この言葉の意味は、平安時代に遡ります。

平安時代に栄華を極めた藤原氏一族。その藤原氏の長者の家に慶事があった際、勧学院の学生が一同に整列して練り歩き、慶事に赴いたことを「勧学院の歩み」と言いました。

勧学院とは、どんな施設だったのか。これについては、次に解説します。

「勧学院の歩み」の語源は?

次に、「勧学院」の語源を確認しておきましょう。

勧学院とは、平安時代にあった大学別曹(だいがくべっそう)の1つ。藤原氏の子弟を教育するため、弘仁12年(821)、藤原冬嗣が創立した教育施設です。大学別曹は、大学寮の付属機関(公認寄宿施設)でした。

そして、藤原冬嗣は、平安初期の公卿であり、嵯峨天皇の信任を得て蔵人所(くろうどどころ)を設置して蔵人頭となって以後、要職を歴任し、勧学院を設けた人物です。

平安時代以降、延暦寺や東大寺などの大きな寺院に設けられた僧侶の教育機関も、勧学院と言われました。

\次のページで「「勧学院の歩み」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: