国語言葉の意味

「口が減らない」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「口が減らない」について解説する。

端的に言えば口が減らないの意味は「口が達者で、理屈を並べて言い返したり、勝手なことを遠慮なくしゃべったりするさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「口が減らない」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「口が減らない」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「口が減らない」の意味や使い方を見ていきましょう。

「口が減らない」の意味は?

「口が減らない」には、次のような意味があります。

口が達者で、理屈を並べて言い返したり、勝手なことを遠慮なくしゃべったりするさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「口が減らない」

「口が減らない」には「口が達者で、理屈を並べて言い返したり、勝手なことを遠慮なくしゃべったりするさま」という意味の言葉です。他人から批判されたりして、自分が劣勢に立たされたとしても、自身の話術と口数の多さで相手を圧倒して、逃げ切ろうとするようなさまを表現して使われます。

しかし、正当な意見をぶつけあって相手とまともに議論するというよりも、屁理屈を並べていくような状況です。そうした様子を皮肉って言われるのが「口が減らない」ということになります。

「口が減らない」の使い方・例文

「口が減らない」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「口が減らない」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: