国語言葉の意味

【慣用句】「天に唾する」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「善因善果」

善行には必ず良い報いがあることという意味です。完全に「天に唾する」の対義語であるとは言い切れない四字熟語ですが、善悪のいう観点で考えるのならば広義の対義語としても良いでしょう。直接的な対義語は「悪因悪果」となります。

「天に唾する」の英訳は?

image by PIXTA / 42589519

最後に「天に唾する」を英語訳していきます。

「What goes around comes around.」

起こることは起こる」という意味です。どちらかというと「因果応報」に近いニュアンスを持ちますね。

主語となる「What goes around」のところは「起こること」という意味です。関係代名詞が使われていることに注意しましょう。comesが動詞となります。

英語では「自分から出ていくものは帰ってくる」という文字通りの意味です。お釈迦様の教えにも同じようなことが言われていましたね。

「天に唾する」を使いこなそう

この記事では桜木先生と一緒に「天に唾する」の意味を見てきました。最後にポイントを確認しましょう。1.「天に唾する」の意味。2.「天に唾する」の語源となる書物の名前。3.「天に唾する」の例文と注意すべき誤用。4.「天に唾する」の類語。5.天に唾するの対義語。6.「天に唾する」の英訳。さて、すべて答えられましたか?答えられなかったところは、再度振り返って復習しましょう。

「天に唾する」の意味から、語源などを通して仏教思想などの世界に触れることができましたね。また「天に唾する」はかなり誤用されていることの多い慣用句です。この記事でしっかり使い方をマスターして周りと差を付けましょう。

1 2
Share: