国語言葉の意味

「鈍重」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学科卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「鈍重」について解説する。

端的に言えば鈍重の意味は「にぶくてのろいこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語が好きで日本文学科を卒業したハルを呼んだ。一緒に「鈍重」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

haruko417

ライター/ハル

日本語が大好きで日本文学科を卒業。現在は子供が言葉を覚えていく様子を見ながら日本語の奥深さを実感中。多くの人にそのよいところを紹介したいとの思いを込めて丁寧に解説する。

「鈍重」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 8442493

「鈍重」という言葉をご存知ですか。漢字から意味は想像できますが、日常会話の中ではあまり使われない言葉かもしれませんね。どんな意味を持つ言葉でしょうか。それでは早速「鈍重」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「鈍重」の意味は?

まず初めに、国語辞典で「鈍重」の意味を確認してみましょう。「鈍重」には、次のような意味があります。

動作や物事に対する反応がにぶくてのろいこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「鈍重」

「鈍重」は「どんじゅう」と読みます。「性質や動作、反応などが、にぶく、のろいこと」「雰囲気や状態などが、けだるく不活発なこと」を意味する言葉です。遅くて無関心であること、素早く動かないこと、長い時間を要することを表しています。

「鈍重」の語源は?

次に「鈍重」の語源を確認しておきましょう。

漢字の「鈍」という字には「にぶい。刃や刃物の切れ味が悪い。先が鋭くない。」「のろい。愚か。感覚や脳の働きが悪い、重たい。動きが遅い。」という意味があります。また「重」という字は「目方がおもい。」などの意味を持つ漢字です。この二文字を合わせて、「動作や物事に対する反応がにぶくてのろいこと」を表す言葉となりました。

「鈍重」の使い方・例文

「鈍重」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
haruko417