国語言葉の意味

「かぶりを振る」は「はい」「いいえ」どっち?意味や使い方・類語などを語学系主婦ライターがわかりやすく解説

この記事では「かぶりを振る」を解説する。
「かぶりを振る」という慣用句、頭を縦と横どちらに振っているかわかるか? 実は「横」なんだ、よって「否定・不承知」となる。どうして縦横書いていないのに「No」の意味なのでしょうか。もっとくわしい意味や使い方などを知って「かぶりを振る」を使いこなせるようになろう。
今回、語学系主婦ライターの小島ヨウを呼んです。一緒に「かぶりを振る」を説明していく。

ライター/小島 ヨウ

言葉の使い方、漢字の意味に興味を持ち、辞典で調べまくるアナログ主婦ライター。分かりやすく、読みやすい文章を心がけている。

「かぶりを振る」の意味・使い方

image by iStockphoto

会話ではなかなか使いませんが小説などではよく目にする「かぶりを振る」という表現。「かぶり」とは「頭」のことですが、振るのは左右か上下どちらでしょうか。頷き肯定していると迷いそうになりますが、「かぶりを振る」は否定の意思です。くわしい意味や使い方を見ていきましょう。

「かぶりを振る」の意味

それではまず辞書で意味を調べてみましょう。

頭を左右に振って否定・不承知の意を表す。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「頭を振る(かぶりをふ・る)」より

「かぶりを振る」の「かぶり」は「頭」で、読み方は「あたま」「かしら」も辞書で出てきます。精選版日本国語大辞典では「かしらを振る」で否定・肯定、双方の意味が記載。「振る」は上下左右前後動かすこと、さまざまな方向なのに、どうして「かぶりを振る」は否定と理解するのでしょうか。

「かぶりを振る」は暗黙に、頭を左右に振ること

同じような意味を持つ「首を振る」を調べると、縦に振れば賛成、横に振れば否定、と双方出てきます。しかしながら「キャッチャーのサインに首を振って、ピッチャーが投げた」と野球の解説者が言った場合、ピッチャーは要求と別の球種を投げたと理解するでしょう。

それを踏まえて「かぶりを振る」。「私のお願いに彼はかぶりを振った」は、彼は拒絶したのだと感覚的に分かります。肯定か否定かは前後の文章から読み取りますが「横」は省略されがちのようで、「縦」と明記されていない場合、否定・不承知と受け止めるようです。

\次のページで「「かぶりを振る」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: