国語言葉の意味

「雑然」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「雑然」について解説する。

端的に言えば雑然の意味は「まとまりのない様子」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んだ。一緒に「雑然」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「雑然」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:84文字

「雑然」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「雑然」という言葉はよく使いますか?「雑然とした部屋」・「雑然とした雰囲気」など日常で良く使われる言葉ではないでしょうか?何となく整理されていないような乱雑な状態をイメージしますが、果たして本当はどんな意味があるのでしょう。今回は「雑然」について詳しく解説していきます。

それでは早速「雑然」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:167文字

「雑然」の意味は?

「雑然」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

1.物事にまとまりがなく、整理されていないさま。
2.雑多に混じっているさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「雑然」

ID: ↑パーツ内本文:59文字

「雑然」とは「ざつぜん」と読み、物事にまとまりがなく整理されていないさまいろんな物が雑多に混ざり合っていることを「雑然」と言いますよ。色んな物が無秩序にあり、調和が取れていないさまを表す言葉です。物に対して使われますが人に対して用いる事はありませんよ。「雑然とした雰囲気」「雑然とした思考」などと使われます。

ID: ↑パーツ内本文:155文字

「雑然」の使い方・例文

「雑然」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:47文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: