国語言葉の意味

「勘弁」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学科卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「勘弁」について解説する。

端的に言えば勘弁の意味は「許すこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語が好きで日本文学科を卒業したハルを呼んです。一緒に「勘弁」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハル

日本語が大好きで日本文学科を卒業。現在は子供が言葉を覚えていく様子を見ながら日本語の奥深さを実感中。多くの人にそのよいところを紹介したいとの思いを込めて丁寧に解説する。

「勘弁」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 68630377

「勘弁」という言葉、馴染みのある言葉ではないでしょうか。とはいえ、正しい意味はと聞かれると不安になりませんか。どんな意味を持つ言葉でしょうか。それでは早速「勘弁」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「勘弁」の意味は?

まず初めに、「勘弁」の意味を辞書で確認してみましょう。「勘弁」には、次のような意味があります。

1.他人の過失や要求などを許してやること。堪忍。
2.物事のよしあしをよく考えること。
3.やりくりすること。算段。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「勘弁」

「勘弁」の読み方は「かんべん」です。後ほど詳しく説明しますが、「勘弁」はもともと2番の「物事のよしあしをよく考えること」を意味する言葉でした。それが転じて1番の「他人の過失や要求などを許してやること」の意味を含むようになり、次第にその意味で使われることの方が多くなりました。また、1番の意味に転じる以前、江戸時代には、3番の「やりくりすること」の意味を持っていたのです。このように、次第に変化してきた言葉なのですね。現在では主に「相手の過失や不利益をもたらす物事などを、許して咎めずに済ますこと」を意味する言葉として使われています。

「勘弁」の語源は?

次に「勘弁」の語源を確認しておきましょう。

漢字の「勘」は「考え合わせてよく取りしらべる」(勘案)「罪をただす」(勘当)「五感以外の直感で判断する能力」(勘所)の3つの意味を持っています。また「弁」は「事の是非をわきまえる」(弁償)などの意味を持つ漢字です。ここから「勘弁」は「よく考えて事の是非を判断する」という意味の言葉でした。この「勘弁」は、もともと禅僧が修行者に対して悟りの浅深を見極める問答のことを指していました。修行者の実力を確認する試験のことだったのですね。禅僧から「勘弁ならぬ」と言われることは、試験に受からなかった=まだふさわしくないという意味となり、ここから転じて「過失を許す」という現代の使われ方になったと考えられます。

「勘弁」の使い方・例文

「勘弁」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「勘弁」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: