国語言葉の意味

【故事成語】「虎の威を借る狐」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「虎の威を借る狐」について解説する。

端的に言えば虎の威を借る狐の意味は「権力者を頼りにして威張る小者のこと」という意味の故事成語ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「虎の威を借る狐」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「虎の威を借る狐」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「虎の威を借る狐」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。ちなみに、読みは「とらのいをかるきつね」です。

「虎の威を借る狐」の意味は?

「虎の威を借る狐」には、次のような意味があります。

他の権勢に頼って威張る小人(しょうじん)のたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「虎の威を借る狐」

「虎の威を借る狐」は「他の権勢に頼って威張る小人のたとえ」です。自分自身が力を持っていないにもかかわらず、身分が上の者の権力などを後ろ盾として横暴にふるまうようなさまを指して使われています。例えば、会社で中間管理職に当たる人間が、部下に対して命令をするときに、その指示が自分から出されたものではなく、より上位の人間から出ているものだと強気に出てくるときなどが「虎の威を借る狐」です。大変醜いさまで、自分自身の実力ではなく、誰かの権勢にすがって命令を押し通そうとするような様子をさして使われています。

つまり、強力な後ろ盾がなければ、その人間は「とるに足らない者だ」ということが、共通認識なのです。現実社会であれば、後ろ盾がいなくなった途端、それまでの人間関係が崩壊するということはよくあります。

「虎の威を借る狐」の語源は?

次に「虎の威を借る狐」の語源を確認しておきましょう。この言葉は中国の「戦国策」という本の「楚策」の中のお話からできたものです。百獣を探して食べていた虎が狐を捕まえて食べようとします。そこで狐が「私を食べれば、私を動物の長とした天帝の意向に背くことになる」とはったりをかまし、「嘘だと思うなら私についてきてみるがいい」と虎を誘いました。そして、虎がついていくと、見事に他の動物は狐が通ると、逃げて行ったのです。

しかし、これは狐におののいて逃げていたのではなく、後ろをついて歩いていた虎を見て逃げていたのでした。虎は見事にキツネに騙されたのです。このことから「虎の威を借る狐」という言葉が生まれました。

\次のページで「「虎の威を借る狐」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: