この記事では「道すがら」について解説する。

端的に言えば道すがらの意味は「道を行く途中で」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元予備校校舎長で国語指導歴が長い教育系ライターのみゆなを呼んです。一緒に「道すがら」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「道すがら」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

道すがら」という言葉は、日常会話でも耳にしたことがあるかもしれませんね。一方、言葉の響きから「古語かしら?」と思われる場合も。今回は「道すがら」の意味や使い方を詳しく解説します。意外と便利な言葉なので、この機会に「道すがら」をマスターし表現のバリエーションを増やしてみましょう!

それでは早速「道すがら」の意味や語源・使い方を見ていきます。

「道すがら」の意味は?

「道すがら」には、次のような意味があります。

道を行きながら。道の途中で。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「道すがら」

「道すがら」とは「道を行きながら、道の途中で」という意味です。品詞上は「副詞」に分類されるため、用言を修飾する位置にきます。「用言」とは動詞や形容詞をまとめて指す言葉で、動作やものの様子を表す言葉のことです。よって「道すがら」も動作に付く言葉だと覚えておいてください。

「道すがら」行くのは、歩きながらでも乗り物に乗っていても構いません。「どこか目的地に向かう道のりの途中」というニュアンスで使える言葉です。「道を行く途中に何かをする」というときに使う表現ですから、「何かすること」は移動しながらできることに限られます。

一般的には「道すがら」と表記しますが、「途次」という漢字を当てる場合もありますので合わせて覚えておきましょう。

「道すがら」の語源は?

次に「道すがら」の語源を確認しておきましょう。

「道」は文字通り、今自分が移動している道を指します。「すがら」とは動詞「過ぐ(すぐ)」に経過や流れを表す「ら」が付いたものです。また「…の間中ずっと、…の途中で」という意味を持つ接尾語「すがら」だという説もあります。「道」+「すがら」と2語が合わさることで、「道を過ぎている最中」という意味になりました。

「道すがら」の使い方・例文

「道すがら」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「道すがら」の類義語は?違いは?」を解説!/

1.学校へ向かう道すがら、母に頼まれた郵便物を投函した。
2.ヒーロー映画を見た帰りの道すがら、もし自分だったらあの場面でどうしただろうと空想にふけった。
3.上司と取引先の会社に向かう道すがら、今日の契約を獲得する戦略を打ち合わせした。
4.裁判所への道すがら、弁護士は担当する事件のあまりの不可解さに頭を抱えた。

「道すがら」はどこかに向かう途中であれば、どんな場面でも使える便利な言葉です。

例文1と例文2は日常生活の中で「道すがら」を使える場面をピックアップしてみました。例文1は「学校に向かう途中で」、例文2は「映画を見た帰り道に」という意味です。例文3と例文4はビジネス等の堅い場面で「道すがら」を使ってみました。例文3は「取引先への移動中」、例文4は「裁判所に向かう途中」という意味です。

単に「向かう途中」というよりも「道すがら」と表現した方が、「移動している」ということに焦点があたっている印象がありますね。

「道すがら」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「道すがら」と同じ意味を持つ言葉を見てみましょう。

その1「途上で」

「道すがら」の類義語1つ目は「途上(とじょう)」をご紹介しましょう。「途上で」は「目的地に近づきつつある過程、路上」という意味です。どこかに向かっている途中を指す言葉ですから、まさに「道すがら」と同義ですね。

「突然の雷雨には驚いた。学校から帰る途上で降られ、びしょ濡れになってしまった」

その2「道半ば」

「道すがら」の類義語2つ目は「道半ば(みちなかば)」です。「目的地に対して道の途中までしか進んでいないこと」という意味ですね。目的地まで至る途中という意味ではあるのですが、「目的地到達、目標達成」により注目した表現です。そのため「志なかば」という意味で使う場合もあります。

\次のページで「その3「道中」」を解説!/

「東京駅を出発して、かれこれ2時間経つ。新幹線で福岡まで行く度は、まだまだ道半ばだ」

その3「道中」

「道すがら」の類義語3つ目は「道中(どうちゅう)」です。「旅行。また、旅行の途中。旅に出ている間。行程。」という意味で、旅行の最中だというニュアンスがあります。

「お伊勢参りとは殊勝な心掛けです。道中、どうぞお気をつけて」

「道すがら」の対義語は?

残念ながら「道すがら」に対義語はありません。「どこかに向かっている途中」という意味の反対を考えても、思い浮かびませんよね。「道すがら」は「目的地に向かう途中」、その他「出発前」「到着後」「目的達成後」など、表現したい時間軸に合わせて言葉を選んでみましょう。

「道すがら」の英訳は?

image by iStockphoto

「道すがら」というのは、世界共通で起こりうることです。英語ではどのように表現するのでしょうか。見てみましょう。

その1「on the way」

on the way」という表現が「道すがら」の英訳として使えます。「on」は「途中」、「the way」は「道」を表す英単語ですから、「どこかに向かう道のりの途中」という意味ですね。まさに「道すがら」だと言えます。

We talked on our way home.
「私たちは道すがら話をしながら帰った」

\次のページで「その2「en route」」を解説!/

その2「en route」

en route」という表現も「道すがら」の英訳として使えます。「途中、途上」と訳される言い回しです。

He stopped in Chicago en route to New York.
「彼はニューヨークに向かう道すがら、シカゴに立ち寄った」

「道すがら」を使いこなそう

この記事では「道すがら」の意味・使い方・類語などを説明しました。

昔から「道すがら」はドラマが生まれる場所でもあります。予想外の人と出会ったり、奇抜なアイディアが思いついたり、共に行く人との仲が深まったり。何かと気ぜわしい現代ですが、「道すがら」を楽しむ余裕は持っていたいものですね。

" /> 「道すがら」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「道すがら」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長がわかりやすく解説!

この記事では「道すがら」について解説する。

端的に言えば道すがらの意味は「道を行く途中で」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元予備校校舎長で国語指導歴が長い教育系ライターのみゆなを呼んです。一緒に「道すがら」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「道すがら」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

道すがら」という言葉は、日常会話でも耳にしたことがあるかもしれませんね。一方、言葉の響きから「古語かしら?」と思われる場合も。今回は「道すがら」の意味や使い方を詳しく解説します。意外と便利な言葉なので、この機会に「道すがら」をマスターし表現のバリエーションを増やしてみましょう!

それでは早速「道すがら」の意味や語源・使い方を見ていきます。

「道すがら」の意味は?

「道すがら」には、次のような意味があります。

道を行きながら。道の途中で。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「道すがら」

「道すがら」とは「道を行きながら、道の途中で」という意味です。品詞上は「副詞」に分類されるため、用言を修飾する位置にきます。「用言」とは動詞や形容詞をまとめて指す言葉で、動作やものの様子を表す言葉のことです。よって「道すがら」も動作に付く言葉だと覚えておいてください。

「道すがら」行くのは、歩きながらでも乗り物に乗っていても構いません。「どこか目的地に向かう道のりの途中」というニュアンスで使える言葉です。「道を行く途中に何かをする」というときに使う表現ですから、「何かすること」は移動しながらできることに限られます。

一般的には「道すがら」と表記しますが、「途次」という漢字を当てる場合もありますので合わせて覚えておきましょう。

「道すがら」の語源は?

次に「道すがら」の語源を確認しておきましょう。

「道」は文字通り、今自分が移動している道を指します。「すがら」とは動詞「過ぐ(すぐ)」に経過や流れを表す「ら」が付いたものです。また「…の間中ずっと、…の途中で」という意味を持つ接尾語「すがら」だという説もあります。「道」+「すがら」と2語が合わさることで、「道を過ぎている最中」という意味になりました。

「道すがら」の使い方・例文

「道すがら」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「道すがら」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: