国語言葉の意味

「従容」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「従容」について解説する。

端的に言えば従容の意味は「落ち着き」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「従容」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。初対面の人に言わせると、私(ライター)の見た目からは従容たる雰囲気を醸し出しているらしい。しかし、実際はかなりの小心者だ。

「従容」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「従容」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「従容」の意味は?

「従容」には、次のような意味があります。

ゆったりと落ち着いているさま。危急の場合にも、慌てて騒いだり焦ったりしないさま。「—として死に就く」「—たる立ち居振る舞い」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「従容/縦容」

まずはじめに、「従容」を「じゅうよう」と読むのだと思ってはいないでしょうか。確かに、普通に読めばそうはなります。しかし、「従容」は「じゅうよう」ではありません。「しょうよう」と読みましょう。

「従容」の意味は「落ち着いているさま」です。パニックになりそうなときでも、慌てず騒がずにいることを言います。なお、「しょうよう」には「縦容」や「松容」という書き方もありますが、どちらもあまり使われていません。「従容」だけ覚えておけば十分です。

「従容」の語源は?

次に「従容」の語源を確認しておきましょう。

」という漢字には、「したがう」「しもべ」「事にあたる」以外にも「ゆったりとする」という意味があります。また、「」も意味がいくつもある漢字です。「いれる」「中身」「姿」などありますが、「おちついている」という意味もあります。つまり、「従」と「容」という2つの漢字にはどちらも「ゆとりがある」という意味があり、それらが重なって「騒いだり焦ったりしないさま」を表す「従容」という熟語が生まれました。

\次のページで「「従容」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: