国語言葉の意味

「衣鉢」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長がわかりやすく解説!

この記事では「衣鉢」について解説する。

端的に言えば衣鉢の意味は「僧侶の袈裟(けさ)と鉢」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元予備校校舎長で国語指導歴が長い教育系ライターのみゆなを呼んです。一緒に「衣鉢」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「衣鉢」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

衣鉢」とは日常ではあまり見慣れない言葉ですね。「いはち」と読みたくなりますが、正しい読みは「いはつ/えはつ/えはち」です。衣服を表す「衣」と、植木鉢という表現で使う「鉢」とは面白い組み合わせですよね。一体どのような意味なのでしょうか。

今回は「衣鉢」の意味や語源・使い方を見ていきます。由来までさかのぼって分かりやすく解説しますので、最後までぜひ読んでみてくださいね。

「衣鉢」の意味は?

「衣鉢」には、次のような意味があります。

1.僧侶が身にまとう三衣 (さんえ) (3種の袈裟 (けさ) )と一つの鉢。
2.禅宗で、法を伝える証拠として授ける袈裟と鉢。また、禅僧が師と仰ぐ僧から伝えられる奥義。
3.広く宗教・学問・芸術などで、師から弟子に授けられる奥義。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「衣鉢」

衣鉢」とは僧侶の持ち物を指します。まず1つ目は「三衣」と呼ばれる袈裟ですね。袈裟とは僧侶特有の着物のことです。「三衣」と言われるだけあって袈裟には「僧伽梨 (そうぎゃり) 」「鬱多羅僧 (うったらそう) 」「安陀会((あんだえ) 」と呼ばれる3種類があります。

次に「鉢」とは食器のことです。托鉢(たくはつ)をしている僧侶が手に持っている器をイメージしてください。鉄製・陶製・木製・匏(ひさご)の四種類があり、材料や色、容量などが細かく決められています。

僧侶になるには俗世間の欲望を断ち、簡素な生活をしなければなりません。個人で所持できる物も限られており、3つの衣と1つの鉢だけが許されていました。修行僧が個人で持つことを許されたこれらを「三衣一鉢」と言います。

「衣鉢」の語源は?

次に「衣鉢」の語源を確認しておきましょう。

衣鉢」の由来となっているのは、中国禅宗の始祖とされているインド人仏教僧の達磨です。ある日、達磨は弟子の慧可(えか)に「正法眼蔵 (しょうぼうげんぞう・悟りの真実のこと)」を伝授しました。その折、伝法の証として袈裟と、施しを受けるための鉄鉢を授けたと言われています。この故事から「衣鉢」という言葉が生まれました。

現代でも宗教や学問、芸術などの道において師匠から弟子に奥義が授けられた際に「衣鉢を継ぐ」という言い方をすることもあります。

「衣鉢」の使い方・例文

「衣鉢」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「衣鉢」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: