国語言葉の意味

「いびる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「いびる」について解説する。

端的に言えばいびるの意味は「いじめて苦しめる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した柊 雅子を呼んだ。一緒に「いびる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/柊 雅子

イベントの司会や雑誌の記事作成を仕事としてきたライター、柊 雅子。いびられても動じないおばさんライターが「いびる」について解説する。

「いびる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「いびる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「いびる」の意味は?

「いびる」には、次のような意味があります。

1.弱い立場の人をいじめて苦しめる。しいたげて苦しめる。

2.無理を言って困らせる。せがむ。ねだる。

3.あぶる。焼く。

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)「いびる」

我が家は水槽で4匹の金魚を育てています。私たちはこの金魚を「山田さん一家」と名付けました。山田さん一家が我が家へやってきてもう5年になるのですが、そろそろお部屋(水槽)が狭くなってきたのです。山田さん一家は夜店の金魚すくいの金魚。我が家へやってきた時、正直なところ「長生きはしないだろう」と思い、そう大きくない水槽を用意しました。

ところが5年経っても山田さん達はすくすく成長。その話をご近所の奥さんにしたところ「私の家の水槽はまだまだ余裕があるから…」といってくれたので、山田さん一家の一匹がその奥さんのお家へ養子にいくことになりました。

「可愛がってもらうんだよ」と送り出して一週間…その一匹が戻ってきたのです。奥さんの話によると、養子先の金魚たちからいびり出されたとのこと。奥さんの家の水槽へ我が家の金魚が放たれると、奥さんの家の金魚たちが「よそ者が来たぞ」と追いかけ回し、そのいびりがおさまらなかったそうです。「あまりに可哀想だから」と我が家へ戻された金魚。今、もう少し大きな水槽の購入を考えています。

「いびる」の語源は?

次に「いびる」の語源を確認しておきましょう。

「いびる」とはちょっと変わった単語のような気がしませんか。手元の三省堂国語辞典には「いび」から始まる言葉は他に「いびき(鼾)」「いびつ(歪)」「いびょう(胃病)」の三語しか掲載されていません。

そもそも「いびる」はある単語の音が変化して生まれた言葉。いびるという言葉の由来となった単語は「相手を苦しめて追い出す」という意味の「いびり出す」という言葉から連想することができます。

巣穴に煙を流し込むと、動物は苦しくなって穴から出てきますよね。このように穴から追い出すことを「いぶり出す」といいます。「いびる」は「いぶる」が変化した言葉。「いびる」の語源は「いぶる」なのです。

\次のページで「「いびる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: