国語言葉の意味

【慣用句】「茨の道」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

その2「暗雲が立ち込める」

「暗雲が立ち込める」は、慣用句であり、まるで事件が起こりそうな不穏な気配を表現しています。暗雲は、日光を遮る黒雲という意味に加え、何か事件が起こりそうな不穏な気配という意味です。

似たような表現に「暗雲が垂れ込める」があります。これは、雲が黒く見えるほど厚く空を覆っており、日光を遮っている様子です。

「茨の道」とはまた違う意味ではあるものの、先行きが困難という意味では通じるものがあります。

その3「前途多難」

「前途多難」は、これから先に多くの困難や災難が待ち受けている、将来にいろいろな苦労があると推測される、といった意味です。

「前途」は将来だったり、目標までの今後の道のりだったり。この「途」は、道のりです。「多難」は、困難や災難が多いという意味。つまり、目的達成まで障害が多いことです。

「茨の道」の意味が、困難な状況や苦難の多い人生のたとえに対し、「前途多難」は人生に限らず、事業なども含まれます。

「茨の道」の対義語は?

続いて、「茨の道」の対義語・反対語について、見ていきましょう。

対義語として、はっきりとした言葉はありません。ただ、平穏な道、日向の道、歩みやすい道、簡単、容易などが考えられます。

「茨の道」の英訳は?

image by iStockphoto

さらに、「茨の道」について、英訳も確認しておきましょう。

「茨の道」を英語に訳すと、thorny pathrocky roadthe going gets rough などがあります。

その1「thorny path」

「茨の道」、その英訳の1つが、thorny path です。

「thorny」は、イバラの、とげの多い(ある)という意味に加え、(解決すべき問題、課題などが)厄介な、論点が多いといった意味もあります。

「path」の意味は、小道、細道、歩道、通り道、通路、進路、軌道、コース、(人の歩くべき)道や方向など。

その2「rocky road」

「rocky road」も、「茨の道」を英語に訳した言葉です。

「rocky」の意味は、岩が多いという意味に加え、がんこな、不安定な、当てにならないなどの意味もあります。「road」はずばり、道です。

それでは、その他の表現も含め、例文を見ていきましょう。

\次のページで「「茨の道」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: