この記事では「無論」について解説する。「無論」は状況を問わず、いろんな所で使えるし、実際に使われている便利な言葉です。日常の会話で使うにはやや堅苦しいが、漫画やアニメなどのメディア作品から、ビジネスの世界に使用される資料まで、幅広い場面で出てくるぞ。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んです。一緒に「無論」の意味や使い方、類義語などを見ていきます。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「無論」ってどんな意味?

image by iStockphoto

「無論」の意味は以下のとおりです。

論じる必要のないほどはっきりしているさま。言うまでもなく。もちろん。

出典:goo辞書「無論 意味」

意味としては「もちろん/言うまでもなく/明らかに」ということであり、特段難しくもないため、一度知ってしまえば覚えるのは簡単です。「無論」と漢字で書かれると、それだけで何か難しく複雑な意味を連想してしまい、苦手意識を持ってしまう人もいます。しかしそれは誤解であるため、安心してください。

ただ一方で、やや固いニュアンスがあることは確かです。日常の砕けた会話で出てくるよりも、なんらかの資料などでの出番の方が多いといえます。

「無論」ってどう読むの?

「無論」の読み方は「むろん」です。文字どおりといえば文字どおりですが、知らなければなかなか自信を持って「むろん」と読めないかもしれません。

読むとたった3文字であることも「無論」の特徴です。「もちろん/明らかに」など他にも言い換えの言葉はありますが、3文字よりは長くなります。そのためシンプルで伝わりやすく、回りくどくありません。言い換えるとニュアンスとしては少々強めな側面があり、語気を強めて言うと、なかなかきつい印象になってしまうでしょう。

\次のページで「「無論」ってどう使えば良いの?」を解説!/

「無論」ってどう使えば良いの?

「無論」の使い方は以下のとおりです。

1.「無論」、もしものときは人命を最優先にするべきだ。
2.可能性があればチャレンジするということは、彼にとっては「無論」のことなのだろう。
3.日本で育っていれば、「無論」漢字仮名交じりの文章を操れるはずだ。

「無論」は意味上「言うまでもなく」ということであるため、短い言葉ながら文脈上「無論」で一区切りされる場合も多いです。決まって前後に繋げられる言葉というのは特になく、「無論」の直後に、具体的に伝えたかったことがそのまま連なります。

そこそこの頻度で繋げられるのは、「だ/である/のこと」などです。「のこと」は「無論」と繋げられ、「無論のこと○○だ」などといった風に使用します。ただし、この場合の「のこと」の部分はほぼ語感やリズムのために付いており、無かったとしても意味はまったく変わらない言葉でもあるのです。

「無論」にはどんなイメージがあるの?

image by iStockphoto

「無論」という言葉は「もちろん/当たり前に」という意味ですが、その意味を超えたイメージが付いている言葉でもあります。本来の意味を損ねるようなものでこそありませんが、本来辞書上の意味に無いニュアンスが付いてしまっていることは確かです。言葉を使うにあたって、言葉のイメージというものは付いて回るものなので、意識しすぎる必要はありませんが、押さえておきましょう。

「無論」とは論ずることが無いということ

「無論」とは文字どおり、論ずることがないということであり、転じて「わざわざ話すまでもなく当然であること」という意味です。それだけ明らかであり、誰の目から見てもはっきりしていることを表しています。

しかし日常生活で「無論」を使用すると、相手との話を打ち切るかのようなニュアンスが発生するのも「無論」の特徴です。「話すまでもない」ということは、言い換えると「詳しいことをわざわざ話す必要はない」という意味であるため、会話を切っていると取られても仕方がありません。

\次のページで「「無論」には強いニュアンスがある」を解説!/

「無論」には強いニュアンスがある

「もちろん」など、当然であることを示す言葉の中で、「無論」はかなり強いニュアンスを持っている言葉です。「無論」と言った側がいかに当然と思っているのかを、相当強く表現する言い方になるため、柔らかい言い方をしたいときは「無論」は避けた方が良いでしょう。

言い換えると、どれだけ明らかかを強調したいときは「無論」が強い味方になってくれます。状況に応じて使い分けを行い、伝えたいことを正確に伝えられるようになりましょう。

「無論」は言い切りとして使用されることも

「無論」はしばしば言い切り型で使用されることもあります。問答の状況の中で、「無論」の一単語で台詞が終わってしまうわけです。

たとえば、「Aはこのように扱いますか?」という質問に対し、「無論です」としか返答されないというケースがこれに当たります。この場合、丁寧に言うと「無論あなたの言う通りです」という意味です。しかし、「あなたの言う通りです」の部分は省略しても、前後の流れから相手に伝わっているため、「無論です」とだけ発言します。

言い換えると、現代文などで「無論」とだけ言っているようなセリフがあれば、必ず前後の近い部分に「無論」が指し示す内容が記載されているのです。略されているからといってわからないと慌てず、前後の部分をよく読んでください。

「無論」の類義語は?

image by iStockphoto

「無論」の類義語は「もちろん/当然/明らかに/明白に/言うまでもなく」などです。基本的には「言うまでもなく当然である」という意味を持ち、かつ指し示す内容が後に続くような言葉が該当します。

上記の例は意味としてはどの言葉もほぼ同じですが、受け取る側の印象やイメージはそれぞれ微妙に異なるものです。どれを選んでも伝わらないということは考えにくいですが、どれがより真意を伝えやすいかは考えて言葉を置き換えてください。

肯定と打ち切りを同時に持つ「無論」

「無論」には「もちろん/当然」という意味があります。辞書上の意味ではいずれもほぼ同じですが、相手の受け取り方は異なる場合が多いです。特に誰かに何かを質問された場合、「もちろん」と答えるケースと、「無論」と答えるケースでは印象が違うことがわかるでしょう。

質問に対し肯定を返しているという点では共通していますが、「もちろん」と言われると、どことなく質問者を全面的に肯定しているようなニュアンスが多分に含まれます。対して「無論」と言うと、質問の答えには肯定していても、質問者に対する肯定のニュアンスは薄れるのです。声のトーンによっては、「当たり前のことをいちいち聞いて来ないように」と突っぱねているような印象さえ感じるでしょう。

確かに相手を肯定しているはずなのに、どこか否定のニュアンスも混じる。そういった二面性が、「無論」の特徴であり、醍醐味でもあるのです。

" /> 肯定なのに否定的に聞こえることも?「無論」の意味や使い方・類義語などを言葉大好きライターが簡単にわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

肯定なのに否定的に聞こえることも?「無論」の意味や使い方・類義語などを言葉大好きライターが簡単にわかりやすく解説!

この記事では「無論」について解説する。「無論」は状況を問わず、いろんな所で使えるし、実際に使われている便利な言葉です。日常の会話で使うにはやや堅苦しいが、漫画やアニメなどのメディア作品から、ビジネスの世界に使用される資料まで、幅広い場面で出てくるぞ。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んです。一緒に「無論」の意味や使い方、類義語などを見ていきます。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「無論」ってどんな意味?

image by iStockphoto

「無論」の意味は以下のとおりです。

論じる必要のないほどはっきりしているさま。言うまでもなく。もちろん。

出典:goo辞書「無論 意味」

意味としては「もちろん/言うまでもなく/明らかに」ということであり、特段難しくもないため、一度知ってしまえば覚えるのは簡単です。「無論」と漢字で書かれると、それだけで何か難しく複雑な意味を連想してしまい、苦手意識を持ってしまう人もいます。しかしそれは誤解であるため、安心してください。

ただ一方で、やや固いニュアンスがあることは確かです。日常の砕けた会話で出てくるよりも、なんらかの資料などでの出番の方が多いといえます。

「無論」ってどう読むの?

「無論」の読み方は「むろん」です。文字どおりといえば文字どおりですが、知らなければなかなか自信を持って「むろん」と読めないかもしれません。

読むとたった3文字であることも「無論」の特徴です。「もちろん/明らかに」など他にも言い換えの言葉はありますが、3文字よりは長くなります。そのためシンプルで伝わりやすく、回りくどくありません。言い換えるとニュアンスとしては少々強めな側面があり、語気を強めて言うと、なかなかきつい印象になってしまうでしょう。

\次のページで「「無論」ってどう使えば良いの?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: