国語言葉の意味

【慣用句】「気が滅入る」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「気が滅入る」について解説する。

端的に言えば気が滅入るの意味は「憂鬱になる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「気が滅入る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。記事がうまく書けなかったり物を無くしたりすると、すぐに気が滅入る。気が滅入るのは仕方ないとして、そこからうまく切り替える方法が知りたい。

「気が滅入る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「気が滅入る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「気が滅入る」の意味は?

「気が滅入る」には、次のような意味があります。

陰気で憂鬱な気分になる。元気がなくなる。「病気がちで—・る」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「気(き)が滅入(めい)・る」

気が滅入る」(きがめいる)とは、「憂鬱な気分になる、元気がなくなる」という意味の慣用句です。何か嫌なことがあったり、失敗して気分が落ち込んだりするときなどに使います。

「気が滅入る」の語源は?

次に「気が滅入る」の語源を確認しておきましょう。

」は「ほろびる、きえる」という意味です。それに「入る」が合わさって、「消えていく、消えゆく」となります。さらには「気」が付いていて、「気持ちが消えていく、元気がなくなる」という意味の「気が滅入る」という慣用句ができました。

その他にも、「滅(め)る」が「めいる」に長音化したという説や、「めり込む」の「める」が伸びて「めいる」になったとする説もあります。

次のページを読む
1 2 3
Share: