国語言葉の意味

「瞋恚」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長が解説!

その2「hatred」

hatred」は「嫌悪、怨恨、憎しみ、憎悪、大嫌い」という非常にネガティブな意味を持つ英単語です。凄まじい憎しみと言いたいときにピッタリですね。

ID: ↑パーツ内本文:73文字

His hatred of his parents began to fade.
「彼の両親に対する瞋恚がなくなり始めた」

ID: ↑パーツ内本文:60文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

最近はビジネスや心理学の世界でも「アンガーマネジメントが大事だ」と話題になることがある。「怒り」というのはどうしても沸き起こってしまう感情だが、怒りに身を任せるのではなく「怒りをコントロールする」というスキルがアンガーマネジメントだ。人が怒りを感じる原因はさまざまだが、イラっとしたら「深呼吸する」「ゆっくり7つ数える」「その場を離れる」「背伸びをする」といった行動を意識的に行うことで、気持ちがリセットできるぞ。今日からさっそく取り入れてみよう。

ID: ↑パーツ内本文:224文字

「瞋恚」を使いこなそう

この記事では「瞋恚」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「怒り」というのは反射的に起きてしまう感情ですが、人間関係に持ち込むと後悔する結果になることが多いですよね。一方で「怒り」の感情が出たときは、脳から「ノルアドレナリン」と「アドレナリン」というホルモンが分泌され、スポーツなどにおいては パフォーマンスの向上がみられるという研究結果もあります。

大切なのは「怒りに自分が支配されないこと」。怒りという感情と上手に付き合いつつ、理性と冷静さを失わずにいたいですね。その両立こそが仏教の教えの真髄かもしれません。

ID: ↑パーツ内本文:261文字
1 2 3 4
Share: