国語言葉の意味

【慣用句】「頭が固い」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生がわかりやすく解説!

この記事では「頭が固い」について解説する。

端的に言えば頭が固いの意味は「融通が利かない」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んです。一緒に「頭が固い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「頭が固い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「頭が固い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「頭が固い」の意味は?

「頭が固い」には、次のような意味が国語辞典に掲載されています。

考え方が柔軟でない。融通がきかない。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「頭(あたま)が固(かた)・い」

「頭が固い」は「考え方が柔軟でない、融通が利かない」という意味の慣用句です。あなたの身の回りには、昔からのやり方や考え方にこだわって、新しいやり方やテクノロジー、考え方を受け入れない、頑固で柔軟性のない人はいませんか?そういった人に対して「頭が固い」という言葉を使います。

「頭が固い」の語源は?

次に「頭が固い」の語源を確認しておきましょう。

「頭が固い」の語源はよく分かっていません。ただ、「固い」という言葉だけでも「融通が利かない」という意味を表すことができます。そして、遅くとも江戸時代には「固い」が「融通が利かない」という意味で既に使用されていたことが確認できるのです。『こんてむつすむん地』という江戸時代の本に「さても人の心かたくぐちなる物かな、もくぜんの事ばかりをしあんして、みらいの事をば心にかけぬなり」という記述があります。

よって「頭が固い」も古くから使用されていたのではと、推定することができますね。

\次のページで「「頭が固い」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: